皆様、こんにちは。デザインコレクションよりお届けします。

まだ暑い日が続きますが、少しずつ涼しい風も吹き、秋の気配も近づいてきましたね。

秋は日が短く夜が長くなることで、部屋の中にいる時間も長くなります。静かに本を読んだり音楽を聴いたり、そういった時間を過ごすにはやはり居心地の良いゆったり落ち着けるお部屋にしたいですよね。

今回は秋の夜長に、お家で特別な時間をお過ごしいただけるようなマルニ木工の椅子についてご紹介いたします!

マルニ木工は日本を代表する木工家具メーカーであり、今年90周年を迎えました。
90周年を記念し、代表作である椅子3脚にスポットをあてながら、マルニ木工やデザイナーの1脚の椅子に込めた思いをご紹介するイベントを開催いたします。

 

MARUNI COLLECTIN 2018 新作FAIR

期間:2018年8月29日(水)-9月11日(火)

場所:7階デザインコレクションイベントスペース

 

マルニ木工とは、広島を拠点とした木工メーカーであり、100年後も暮らしの中で愛され、「世界の定番」として認められる木工家具を造り続けています。さらに、2008年にはプロダクトデザイナーの深澤直人氏と共に、工場の特性を活かした「世界の定番」となる家具を目指し、MARUNI COLLECTIONを発表しました。 

 

深澤直人氏は、卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、国内外の企業のデザインを多数手がけています。電子精密機器から家具、インテリアに至るまで手がけるデザインの領域は幅広く多岐に渡ります。デザインのみならず、その思想や表現などには国や領域を超えて高い評価を得ており、2018年には米ニューヨークのノグチ美術館(The Noguchi Museum)にて第5回「イサム・ノグチ賞」を受賞しています。
 

そんな日本を代表するプロダクトデザイナーである深澤直人氏と、精緻なモノ造りで世界から支持されるマルニ木

両者の協働によって生まれたのが現在のマルニ木工を代表する作品である「HIROSHIMA 」です。 

20180904MARUNIMOKKOUHIROSHIMA.png

HIROSHIMA 97,200円

こちらのアームチェアは背もたれの絶妙なカーブが美しく、和室・洋室どちらに置いていただいても馴染むシンプルなデザインです。

HIROSHIMAは、深澤直人氏の“特別なふつう”をカタチにした傑作であり、マルニ木工が世界の定番を目指した椅子です。2017年Appleの新しい社屋であるAppleparkに数千台が導入され、話題となりました。

マルニ木工の家具が根強い人気の秘訣は、耐久性と使いやすさにあります。なぜマルニ木工の家具が強く、使いやすいのかをご説明するとまず素材管理にあります。
厳選された素材を吟味することはもちろん、マルニ木工の厳しい基準をクリアしたものを使うことで加工後の高い精度、耐久性を実現することができます。
さらに、使い心地のための設計は、人間工学で実証されている理想的な数値をもとに十分に行っています。そして完成した製品はテストを受け、使い心地はもちろん耐久性の検討も合わせ行いさらに改善を行っています。
 個人によって体型や感覚、座り心地の好みも異なると思います。実際におかけいただき、長くお使いいただけるマイチェアを探しに来てみてはいかがでしょうか。
 

また、ご紹介しましたHIROSHIMAを作る過程で出た端材を用いて行うワークショップも開催いたしますのでご案内いたします!

ワークショップのご案内】 

マルニ木工人気商品「HIROSHIMA」チェアの端材でバターナイフを製作!

木工作家吉川和人氏の指導のもと、ワークショップを開催します

開催日:2018年9月8日(土)11:00-14:00/15:00-18:00 (各回定員6名)

   9月9日(日)11:00-14:00/15:00-18:00 (各回定員6名)

会場:7階デザインコレクション

料金:4,104円(材料費・講師費込み)

※予約人数には限りがございます。

※参加者対象年齢は10歳以上となっております。

 

実際のワークショップの様子がこちらです。

20180904MARUNIMOKKOU1.png

講師の吉川和人氏による荒削り後、鉋(かんな)を用いて滑らかになるようご自身で削る作業を行っていただきます。鉋を用いてバターナイフの形にし、やすりで磨いていく作業は、ついつい没頭し時間を忘れてしまうほど・・・!

20180904MARUNIMOKKOU2.jpeg

端材を使って作るバターナイフは、一つひとつ木目や風合いが異なるのが特徴です。そのため、世界にひとつだけのバターナイフを作ることができます!自分で作ったバターナイフを、朝食やおやつの時間に使うだけで、何気ない日常が楽しくなりますよね。そんなお気に入りの1点を作ってみてはいかがでしょうか。

 

自分の身体にぴったりと合う、お気に入りのマイチェアを持ったり、自分で作った愛着のあるバターナイフを使うことで、日々の生活が特別になります。長くお使いいただけ、日常が楽しくなるアイテムが多数ございますので、ぜひデザインコレクションへ探しに来てください!

 

次回はテーブルジョイよりお届けいたします。

お楽しみに!

 

※表示価格はすべて税込です。

 


 

*GINZAのリビングニュース*

【産地との新しい関わり方 AMCC旭川木工コミュニティキャンプの10年】

旭川の若い作り手たちを中心に、東京をはじめ全国から「つくる人」「かんがえる人」「うる人」「つたえる人」「つかう人」が繋がり、全てパラレルに自主運営されるプロジェクトが10年の節目を迎えました。毎年、100人を超えるメンバーがコテージで寝食を共にしてワークショップや様々な経験を通じて、本音で交流する新しいムーブメントの記録をお伝えいたします。

期間:2018年9月11日(火)-10月8日(祝・月) 最終日17:00閉場・入場無料

会場:7階デザインギャラリー1953