皆様こんにちは。

まだまだ残暑が厳しく、暑い日が続いております。季節の変わり目、体調を崩さないようお気を付けください。
さて、今回はそんな暑さも吹き飛ばす、毎年たくさんの方にお越しいただくあの!イベント情報をお伝えいたします!


「銀座・手仕事直売所」
【期間】2018年9月26日(水)-10月2日(火)
(9月30日(日)
19:30閉店、10月2日(火)17:00閉場)
【会場】8階イベントスクエア



今回は記念すべき第10回目!昨年より1日多い、7日間の開催となります。
作家やクラフトマン、職人、デザイナーなど、ものづくりに一途な人たちが全国各地から集まり、お客様に直接説明して販売する「直売所」。
暮らしを見つめ、使う人のことを考え、ふだんの生活のそばで10年後も輝く、普通でいて特別な魅力を追い求めます。



銀座・手仕事直売所のブログ第1弾として、『二日市』『三日市』のご案内をいたします。
今年は全7日間の手仕事直売所の期間中、2日、2日、3日とそれぞれ個性あふれる作り手を期間限定でご紹介いたします。
初出店者も多数おり、見逃せない7日間です。今回の出店者紹介を参考に、ぜひ足をお運びいただければ幸いです。



【二日市】
9月26日(水)・27日(木)
・羽田忠織物(ネクタイ・ボウタイ/山梨)
・中村智美(鉄とステンレス/群馬)
・すはらゆう子(漆器/石川)
・安部太一(陶器/島根)


【二日市】
9月28日(金)・29日(土)
・盛岡スヌード(ホームスパン/岩手)
・鈴木努(木工/長野)
・丸直製陶所(磁器/岐阜)
・陶磁工房一朶(磁器/長崎)


【三日市】
9月30日(日)-10月2日(火)
・辻有希(木工/北海道)
・髙知子(刺繍/石川)
・JEUJYEI(レースアクセサリー/東京)


それではさっそく各出店者をご紹介いたします!



【二日市】
9月26日(水)・27日(木)


羽田忠織物(ネクタイ・ボウタイ/山梨)

山梨県の富士山の麓にある、1935年創業のネクタイ生地を専門に織ってきた老舗の機屋です。光沢や質感を大切にするためにあえてスローな織機で織り上げており、ひとくちにシルク生地と言っても、光沢感が美しい高密度のものから糸のネップを生かした凹凸感のあるものなど、様々な表情をみせるネクタイが魅力的です。


20180829_living01.jpg

マテラッセシルクネクタイ 7,560円

マテラッセ(ふくれ織り)とは表面に凹凸の柄を織り出した織物で、絹100%ですが、カジュアルかつ、お洒落な印象に。剣先が6cmと少し細めなのでスタイリッシュに付けこなしたいですね。羽田忠織物のネクタイやボウタイは男性だけでなく女性がかわいい!と思うようなポップな柄や色使いも多く、プレゼント選びが楽しくなりそうです。




中村智美(鉄とステンレス/群馬)

ペラペラのトタンの壁、汚れた作業服、バチバチと天井に届く溶接の閃光。群馬県の小さな鉄工所で育ったとおっしゃる中村智美さんは鉄やステンレスを中心に暮らしの道具を制作しています。金属の無骨な質感とは裏腹に、作り出された道具たちはどこか繊細で柔らかな印象を与えてくれます。


20180829_living02.jpg

オーバルフライパン(鉄) 21,600円


20180829_living03.jpg

TUTU(ステンレス) 16,200円から


鉄のフライパンはお手入れが大変。ですが、丁寧に作られたものを、丁寧に使うことで愛着がわき、ずっと使い続けたくなるものになるでしょう。小さな工場から生まれるあたたかみのある道具から、自分にぴったりのものを見つけてみてはいかがでしょうか。



すはらゆう子(漆器/石川)

石川県の伝統工芸品である「山中漆器」を制作している作家のすはらゆう子さん。毎日見たり触ったり、かわいいと思えるものが多く、扱いづらくて敷居が高いと思われがちな漆器のイメージを覆してくれます。ポップでかわいらしく、しかし漆器の凛とした雰囲気をしっかり携えた作品は、思わず手に取りたくなります。


20180829_living04.jpg

栃 拭き漆箔絵弁当箱 14,040円




安部太一(陶器/島根)

島根県の陶芸家、安部太一さんの作品は静謐な佇まいとどこか懐かしい雰囲気を持ち、まるで絵画のような印象を受けます。「器としての機能も果たしつつ、人の心、情感に響く器」をつくることを心がけているとのことで、ずっと眺めていたくなるような、丁寧に扱いたくなるような器ばかりです。


20180829_living05.jpg

黄釉脚付ボウル 7,020円



20180829_living06.jpg

白釉輪花皿 4,860円


独特のとろみのある白色はとてもあたたかい印象。控えめですが、たしかな存在感で食卓を彩ることでしょう。



【二日市】
9月28日(金)・29日(土)


盛岡スヌード(ホームスパン/岩手)

「ホームスパン」とは、羊毛を手で紡ぎ、手織りしたもの。首回りをゆるやかに包む温かさと長い時間巻いても疲れない軽やかさが特徴です。羊毛をベースにした手織りならではの風合いや、北国の作り手だから知る「長い冬を心地よく、楽しむ」ための工夫が凝らされたスヌードはとても魅力的です。


20180829_living07.jpg

盛岡スヌード・蟻川工房 75,600円


こちらは周囲180cmととても長いスヌードなので、長さを生かして一重に巻いてもぐるりと二重に巻いてもよく、アレンジが自由自在です。もちろん毛100%なのでもこもこでとてもあたたかく、冬のマストアイテムになること間違いなしではないでしょうか。




鈴木努(木工/長野)

長野県駒ケ根市で家具から小物まで製作している鈴木努さん。『暮らしの中で使う生活の道具=生活具』をテーマに、使い手の方にとっていいものとは何かを常に考えるように心掛けているそうです。できあがったスプーンはとことん磨き上げられ、とてもなめらかでずっと触っていたくなるほど。使う人を想い、真摯に取り組む姿勢が作品に落とし込まれています。心地よい木の感触のカトラリーは、毎日使いたくなりますね。


20180829_living08.jpg

左:サラダサーバー 4,860円
中:RKスプーン 2,700円
右:ジャムスプーンキューブスタンド付き 2,160円



丸直製陶所(磁器/岐阜)

丸直製陶所は明治初期創業の伝統ある磁器工房です。創業当時からヨーロッパ向けの薄づくりの磁器をつくっています。なんといっても磁器の薄さは目を見張るものがあります。磁器の最も薄い部分の厚みは1mm前後で、カップに注いだ飲み物の色がうっすらと透けて見えることも。ジュースなど色鮮やかな飲み物を入れても楽しめます。


20180829_living09.jpg

染付中碗皿梅 3,240円



20180829_living10.jpg

白磁小紋コップ 2,592円



陽の光がはいるテラスで透け感を楽しみながら、優雅にお茶をしたくなる器ですね。ぜひ実際にお手に取って軽さや透け感を体験してみてください。



陶磁工房一朶(磁器/長崎)

長崎県の海を臨む工房で、肥前地方の伝統的な技術をもとに、白く美しい天草陶石から作られた磁器を活かして、日々の暮らしの中で心地よく使えるシンプルなデザインの器を制作しています。葉脈を写しこんだプレートやぽってりとしたフォルムのマグなど、どこかほっこりするようなものばかり。長く愛着をもって使いたくなるような丁寧な作品作りは必見です。


20180829_living11.jpg

ボタニカルプレート/結晶釉 3,780円



20180829_living12.jpg

カラーシリーズ:スープ碗 3,888円





【三日市】
9月30日(日)―10月2日(火)


辻有希(木工/北海道)

器に限らず、アクセサリー、モビール、オブジェなど、札幌を拠点に、活動する辻有希さん。作品はシンプルながらも、可愛らしかったり、凛としていて少し無骨だったりと、表情豊かで存在感があります。動きやリズムを感じるようなデザインは、他の木工作品にありがちな、かたいイメージとは一線を画します。


20180829_living13.jpg

モビール 18,360円



長く使うことで色や風合いが変化する木製品。ブローチやアクセサリーなども手がけているので、大事に丁寧に使って、とっておきの自分だけのものを身につけておでかけしたいですね。




髙知子(刺繍/石川)

石川県金沢で活躍する刺繍作家の髙知子さん。花や植物といったモチーフはとても繊細ながらも、すっきりとした印象。また、刺繍ではめずらしい幾何学模様の図案もどこか北欧モチーフのようでとても素敵です。ひとつひとつ丁寧に作られる作品は持っているだけでわくわくしてしまいますね。ひとつとして同じものがないものだからこそ、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。


20180829_living14.jpg

hanatama



JEUJYEI(レースアクセサリー/東京)

肌が弱くても、金属アレルギーでもお洒落を楽しみたい方へ!肌にやさしいコットンレース・アクセサリーを中心に制作するJEUJYEI。コットンレースの持つ柔らかい雰囲気は普段使いにぴったり。そしてなんといっても大ぶりなものでもとても軽いので、毎日使いたくなるような魅力があります。


20180829_living15.jpg

Lace of birds ピアス&イヤリング 片耳5,400円から 両耳7,020円から



20180829_living16.jpg

ターバン&ネックウォーマー 12,960円から



こちらはターバンにもネックウオーマーにもなるスグレモノ。繊細なレースが特徴的で、身につけるだけで気分があがりそうですね!




いかがでしたでしょうか。それぞれの「こだわり」が詰まった限定店舗の『二日市』、『三日市』。作り手を通して素敵な商品たちと出会い、自分だけのお気に入りを見つけにいらしてください。



皆様のご来場を心よりお待ちしています。