皆様、こんにちは!

今回はテーブルジョイよりお届けいたします!
テーブルジョイ売場ではダイニングプロモーションを中心にFINE GINZA MARKETを開催中です。
その中からおすすめの品々をご紹介いたします! 

まずはこちら!
20170418living001.jpg針原 修      流木の鳥 
(左から) 12,
960円/21,600円/24,840円


海岸で拾い集めた流木を丁寧に洗い、時間をかけて乾燥させて、自然な素材感を
活かしながら作られています。
今にも鳥の鳴き声が聞こえてきそうな「流木の鳥」は、高く羽ばたいていきそうな
躍動感に溢れています。
テーブルジョイ売場では「流木の鳥」のたくさんの仲間たちもお待ちしております。
表情も1点1点違いますので、ぜひお気に入りの1羽を見つけてみてはいかがでしょうか。


続いてはこちら!
20170418living02.jpg 森のてつびん屋  鉄瓶工房高橋
〈左〉南部鉄薬缶カンテラ型(小) 78,840円
〈右〉丸冨士型跳兎紋鉄瓶      54,000円


岩手県雫石町に工房を構える「森のてつびん屋」鉄瓶工房高橋。
大地の恵み豊かな雫石町の土地から生み出される「見て楽しい鉄瓶」をテーマとした、高橋氏の手がける鉄瓶は従来の型に嵌まらない自由な発想で作られ、ユーモアに溢れている味わい深い鉄瓶です。


最後はこちらです!
20170418living03.jpg 下山 普行
〈左〉錫鎚目猪口(中)           6,480円
〈左中央〉錫鎚目五方皿       3,
240円
〈右中央〉錫鎚目五方皿(中) 4,320円
〈右〉錫鎚目猪口(大)           7,560円


錫の地金を1.2-1.8cmほどの板状にしてから、木槌や金槌を用いて丹念に叩き、打ち出してかたちを形成しています。
器の表面に見られる文様は、様々な形状の金槌を打ち付けて得られる
鎚目(つちめ)で表現しています。
素材の特性を生かしたものづくりを心がけ、製作工程のイメージを感じられるような手の跡を残し、錫の柔らかな質感を意識して製作されています。
やわらかな形と模様が人気を集めています。


いかがでしたでしょうか。
オリジナリティが溢れ、作品一つ一つから感じる作者の想いが見る者を引きつけます。
グローバル化がどんどん進んでいく現代だからこそ、日本のものづくりの素晴らしさを再度、認識する必要があるではないでしょうか。
ぜひ、テーブルジョイで温かみある作品に触れてみてください!


 次回は7階タオルからお届けいたします。お楽しみに!
※表示価格はすべて税込です。  
※1点物につき売切れの場合がございます。ご了承くださいませ。