皆様こんにちは。デザインコレクションよりお届けいたします。

雨の日も多く、「暑さもようやく落ち着いてきたなあ。」と思っていたら、早いものであっという間に10月になりました。長袖の服に袖を通したり、ショートブーツを出したりと、本格的に秋のオシャレを楽しむことができる時期になりましたね。

今回は、秋のオシャレにぴったりかつ、長く愛用していただける「ソメスサドル」革製品のご紹介をいたします。

 20161004SOMESU4.jpg

ソメスサドルは1964年、東京オリンピックの年に北海道歌志内市に生まれました。炭鉱事業が衰退していく中、開拓時代から続く馬具づくりの伝統を受け継ぎ、街の再成の一翼を担う出発でした。創業当時は製品の100パーセントを海外に向けて輸出していましたが、50年経過した現在ではほとんどを国内向けに製造し、日本唯一の総合馬具メーカーとして支持されています。

 

20161014SOMESU3.jpg

 

皇室に馬具一式を納入したことや、洞爺湖サミットの記念品に選ばれるなど、ソメスサドルの製品は日本を代表するものづくりとして認められています。

 

今回は、ソメスサドル松屋銀座店の店長である岩舘さんに、ソメスサドルの魅力について伺いました。 

 

 20161004SOMES16.jpeg

 

 

「ソメスサドルの魅力は、自然豊かな環境の中で地域に根ざしたモノづくりをしていることだと思います。また『道具』としての機能を忘れないシンプルなデザインのため、使い込んでいくほどに革の色合いや質感に味がでてくるのも魅力のひとつです。ご来店いただくお客様に5年、10年使い込んだ製品を見せていただくと、売場にある新品との革の違いに驚きます。」

 

笑顔でソメスサドルの魅力を教えてくださる岩舘さん。ありがとうございました!

 

それでは秋の新製品のご紹介です。

 

まずは

20161004SOMESU7.png

BRETON(ブルトン) 
左から   
ボディバッグ37,800円/ポシェット30,240円
ショルダーバッグ(S) 41,040円スリムポーチ11,880円

 

ハードな革とソフトな革の素材の組み合わせが特徴のBRETON(ブルトン)シリーズから、落ち着いた色のネイビーが登場しました。

丸みのある柔らかいデザインは男性・女性問わずお使いいただけます。

 

20161004SOMESU12.jpeg

 

刺繍の色は山吹色です。裏地と合わせており、見えないオシャレも楽しめますね!

 

20161004SOMESU10image.jpeg

 

 

20161004SOMESU15.jpeg

 

 

中でもおすすめなのがボディバッグです。

スタイリッシュでコンパクトな外見ですが、ipad mini が持ち運べるほどの収容力を持っています。

仕切りもあるので、携帯やお財布、鍵などちょっとしたものを入れるにも困りません。

 

また背中にあたる部分がメッシュ素材のため通気性もあり、革が体になじんでくるため、使うほどに扱いやすくなりますよ!

 

続きまして・・・

 

320161004.png

FELL(フェル) 
2つ折札入れ(ブラ付き)31,320円 

 

フランス産のきめの細かいカーフを使ったFELL(フェル)シリーズのお財布に、新色のチョコレートブラウンが登場しました。

新品の状態はしっかりとした弾力がありますが、使うほどにしっとりと、手に吸い付くような質感に変わっていきます。

 

 

20161004SOMESU13image.jpeg

札入れという商品名ではありますが、カードや小銭もたっぷりと収納可能です。

 

 SOMESU1320161004.jpeg

 

付属にフェルトのカバーもついておりますので

使わないときにはこちらにいれて保管してください。

エメラルドグリーンのフェルト生地にイエローのスティッチと、付属ケースにまでこだわっております。

 

小物はオイルでのお手入れが不要のため、革製品を初めてお求めの方にもおすすめです。

毎日触るお財布。カバンから取り出すたびに、革のかおりや手触りの良さに少しだけ幸せな気持ちになれそうです。 

 

 

最後に、「そうはいっても革製品はお手入れが大変そう・・。」とお悩みの方へ、お手入れのご案内をいたします。

 

20161004 SOMESU1.jpg

 

【革製品お手入れの4ステップ】

 

1.ゴミを取り除く。

ブラッシングをして革表面の毛穴の縫い目のゴミを取り除いてください。革の毛穴に入り込んだ細かなゴミは、革の呼吸を妨げ、寿命を縮めてしまいます。なでる感覚でまんべんなくブラッシングをしてください。

 

2.オイルを馴染ませる

オイルをスポンジで取り全体に広げ、革表面や毛穴に付着した汚れをとっていきます。同時にオイルの保湿成分が革に潤いを与えてくれます。

 

3.乾拭きをする。

仕上げにクロスで乾拭きをしてください。余分な油をぬぐい、少し強めの力で磨くことで、保湿成分を馴染ませる効果があります。

 

4.自然乾燥する。

風通しのよい日陰で自然乾燥をしてください。日光に直接当てたり、ドライヤーで乾かしたり、通気性の悪い場所に置くと、革が固くなったりカビが生えて傷めてしまうので、注意してください。

 

もし水に濡れてしまった場合には、乾いたタオルで優しく叩くように水分を取って、型崩れを防ぐために新聞紙を中に入れ、風通しの良いところで陰干しをしてください。乾いたあとに上記の4ステップをしていただければ大丈夫です。

 

さほど難しいお手入れは必要ないのですね!まめにお手入れをすることで、革の傷みを抑え、10年、20年長持ちさせることができます。

 

20161004SOMESU9.jpg

 

ソメスサドルではリペアサービスの承りをしています。糸のほつれや傷の修理など、気になる点があれば店舗にお持込みいただくか、メールでのお問い合わせ(info@somes.co.jp )を受け付けております。またお手入れのみご対応も無料で行っておりますので、いつでも愛用中のソメスサドルの製品を持って、店舗にお立ち寄りください。

 

いかがでしたしょうか。

使い込んでいく程に、自分だけの「風合い」が生まれるソメスサドルの革製品。ぜひ日常生活に上質できめ細やかな革製品を取り入れてみてください。

 

次回はテーブルジョイよりお届けいたします。お楽しみに!

 

*GINZAリビングニュース*

 

ピローアドバイザーによるオーダーまくら無料測定会

毎日ぐっすり眠れてますか?質の良い眠りのためには身体に合った寝具選びが大切です。今回は様々なアスリートを支援するピローアドバイザーが、お客様に合った枕作りをお手伝いいたします。貴重な機会ですのでぜひご来店くださいませ。
会期:2016年10月15日(土) 11:00/13:00/15:00/17:00
会場:7階寝具エアーショップ
※事前にご予約を承ります。  

 

デザインギャラリー1953企画展『How to 銅』
能作は、銅器を作り続けた高岡(富山県)の中で、地域で培った技術とともに、新たな素材への試みを行っています。今回は、音とともに音の素である「真鍮」を伝え、伝統+素材+デザインで、地域で道を切り開いた能作の一端をご覧いただきます。
会期:10月10日(祝・月)まで開催中 最終日17:00閉場
会場:7階デザインギャラリー1953

 

アトリエシーブレーン展
シーブレーンは金沢にて、20年以上手作業で腕時計を製作している工房です。文字盤やベルトの組み合わせを豊富な種類の中からお選びいただけます。今回は秋冬カラーのベルトもご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。
会期:10 月5 日(水)-18 日(火)最終日19:00閉場
会場:7階デザインコレクション 

シーブレーン.png