皆さま、こんにちは。
「砥部焼祭り」ブログ第3弾は「第30回砥部焼祭り」の見どころをご紹介します。
第30回 砥部焼祭り Vol.2のブログはこちら⇒
第30回 砥部焼祭り Vol.1のブログはこちら⇒

いままでも、これからも、愛される器。和に、洋に。毎日に。
「第30回生活が育てた器たち  砥部焼祭り」
1月21日(水)―26日(月)最終日17時30分閉場
8階イベントスクエア
詳しくはこちら⇒


「砥部焼祭り」には6つのお楽しみがあります!

1、和に。洋に。毎日に。
今回新企画、和作りで洋サイズの器をご紹介。今のライフスタイルに寄り添い、砥部焼ならではの良さと使い慣れたサイズ感で食卓を新たに彩ります。
20150114tobe1.jpg
2、特別提供品
毎年恒例でご好評いただいております特別提供品。各窯から松屋が選んだ、これはオススメ!という器を数を限って特別価格にてご案内致します。
一例をご紹介。

20150114tobe3.JPG
梅山窯 バターケース唐草 2,160円
20150114tobe2.JPG
中田窯 5寸丼 花唐草 2,700円
お買い得な器がめじろ押しですので、会場へお越しの際は是非お見逃しなく!
この他にも湯呑や皿鉢、飯碗など多種ご用意してございます。

3、サタデー・サンデーサービス
土曜、日曜のお買い得特集です。
<1月24日(土)10:00から> 梅山窯 4.6寸切立丸皿2枚組 (90点限り)1,080円
20150114tobe5.JPG
<1月25日(日)10:00から> 梅山窯 丸マグ(90点限り)1,080円
20150114tobe4.JPG

20150114tobe6.JPG
大きすぎず小さすぎず丁度良い大きさです。

4、砥部焼そば猪口プレゼント
期間中、税込5,400円以上お買い上げの先着1,000名様に「砥部焼そば猪口」を差し上げます。

5、第30回記念  特別抽選会
第30回を記念して特別抽選会を行います!
会場にて税込5,400円以上お買い上げごとに素敵な賞品が当たる抽選会に1回ご参加いただけます。総勢372名の方に当選のチャンス!

特賞
梅山窯 角皿 5枚組・・・・・5名様
1等
中田窯 土瓶・・・・・5名様
2等
千山窯 7寸鉢・・・・・6名様
3等
伊予柑ゼリー・・・・・6名様
4等
砥部焼記念タオル・・・・・150名様
5等
ポンジュース (200mlパック)1個・・・・・200名様


6、第30回記念 トークショー 「これからの砥部焼」
日時:1月21日(水)18:00から
会場:8階イベントスクエア 砥部焼祭り会場内


諸山正則氏(東京国立近代美術館 主任研究員)、工藤省治氏(春秋窯)、中田正隆氏(中田窯)
これからの砥部についてお話いただきます。
参加無料ですので、ぜひお誘い合わせの上、皆様のお越しをお待ちしております。

諸山正則氏
1956年長崎県生まれ。1982年九州芸術工科大学大学院芸術工学研究科生活環境専攻修了、東京国立近代美術館工芸課研究官採用。1988年文化庁文化財保護部伝統文化課転任、1991年文化財調査官昇任。1992年東京国立近代美術館工芸課主任研究官転任。現在、東京国立近代美術館工芸課主任研究員、工芸室長。

工藤省治氏
1934年 青森県生。1957年 砥部焼 梅野精陶所 入所1964年 第1回 丸善クラフトセンター賞 受賞1974年 研究工房 春秋窯 設立1989年 第17回 国井喜太郎産業工芸賞 受賞1992年 伝統産業展 生活産業局長賞 受賞2001年 通商産業大臣 デザイン功労者表彰2004年 平成16年度 卓越した技能者の表彰(砥部焼共同組合HPより引用)

中田正隆氏
1946年 愛媛県砥部町にて出生1964年 砥部梅野製陶所へ作陶修業に入る1969年 技術院名古屋工業技術試験場にて釉薬の研究1971~73年インドビハール州工業試験場にて、青年海外協力隊員として陶器製作指導1974年 砥部にて中田窯独立1986年 伊予郡広田村(現砥部町)に移転(砥部焼共同組合HPより引用)

この他にも窯元紹介コーナーや、窯元からの来場もありますので、ぜひ会場にてお楽しみいただければと思います。来場予定や出展窯情報の詳細はこちら⇒

※表示価格はすべて税込です。
※上記の商品は、一例です。数に限りがございますので、売り切れの際にはご容赦ください。

【催事予告】
いままでも、これからも、愛される器。和に、洋に。毎日に。
「第30回生活が育てた器たち  砥部焼祭り」
1月21日(水)―26日(月)最終日17時30分閉場
8階イベントスクエア