こんにちは!
今回は催事「クリエーターズパレード」の担当スタッフによる期間限定ブログ!!第2段です。

クリエーターズパレード
~アクセサリー&ステーショナリー~

2012年4月18日(水)-24日(火)≪最終日17:30閉場≫
松屋銀座8階イベントスクエア

出店ブランドなど詳細はこちらから


今回も前回と同じく出店するデザイナー、クリエーター、作品の紹介をしたいと思います。


まずはこちら
【 MokuNeji  】
creators1 2012.4.11.jpg
Bottle 7,980円から

工芸の世界で受け継がれてきた木工轆轤(ろくろ)の技術に、工業製品のように精緻なネジ切りの技術が加わることで、「工芸」×「工業」の新しい可能性が生まれました。
このBottleは、新潟県燕市で作られているSUS galleryのステンレスボトル『tsutsu』シリーズと、木地師がひとつひとつ丁寧に轆轤(ろくろ)で挽いた木製のコップが一つになりました。木目とステンレスのコントラストが美しい作品です。
SUS galleryの誇る高い保温・保冷性能はそのままに、手ざわりも口当たりも優しい木製コップで飲み物を飲むことができます。
本体は『ヘアライン仕上げ』と熟練職人の手磨加工による『鏡面仕上げ』(Mirror)の2タイプがあります。


続きまして、
【 倉敷帆布 】
creators3 2012.4.11.jpg
セルヴィッジシリーズ トートバッグ(ヨコ型・中) 6,800円

帆布は合成繊維が発明される前から、糸の撚り本数を変えることにより、さまざまな厚さの生地をつくりそれぞれの用途に使われてきました。
日本の帆布の7割近くを生産する倉敷、その中で『倉敷帆布』は生まれました。
商品名の「セルヴィッジ」とは帆布の織り幅で生まれるふちの部分、生地の耳といわれるところです。
昔ながらのシャトル織機でつくられた、風合いのよい綿帆布の織り幅の耳をそのまま活かして作られたバッグが『倉敷帆布セルヴィッジ』シリーズです。
すべてのパーツが “帆布の幅” でできているので、全く帆布の余り(裁断ゴミ)が出ない作られ方をしています。


続きまして
【 YAMASAKI DESIGN WORKS 】
creators2 2012.4.11.jpg
ポケットティッシュケース 3,990 円


プロダクトデザイナー山崎宏によるプライベートブランド。
「これはこういうモノ」と無意識にあきらめていることを、あきらめなかったらどうなるのか。そういう視点で、少し新しい日用品を提案しています。
写真の作品は、イタリア製の牛一枚革で作られたポケットティッシュ用のケース。スナップが外れることでティッシュの出し入れもスムーズです。

さらに、デモンストレーションやスペシャルオーダー、限定品などの楽しいイベントも盛りだくさん!
会期中のイベント情報の詳細はこちらからご覧ください。
⇒詳しくはこちら


いよいよスタートまであと1週間!!出店するデザイナー、クリエーター、我々担当スタッフ共に準備も大詰めとなっております。
一人でも多くのお客様に楽しいイベントと感じていただけるよう最後まで動いてまいります。
どうぞご期待ください!!

次回のクリエーターズパレード ブログは、2012年4月18日(水)に更新する予定です。お楽しみに!!


※表示価格はすべて税込です。
※写真はイメージです。