皆様、こんにちは。

デザインコレクションよりお届けいたします。

 

毎日寒い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

外に出るのが億劫になるこの季節、せめてお家の中では温かな気持ちで過ごしたいですよね。

 

ところで皆様は、木や木からつくられたものにあたたかみ心地よさを感じたりしませんか?木は私たちにとって身近な存在であるため、優しさや癒しを感じやすい素材かと思います。

例えば木のスプーンなどは、食事の場面で独特のぬくもりをくれますよね。

そんなぬくもりを与えてくれる木からできた生活道具を、デザインコレクションからご紹介いたします!

どうぞ最後までお付き合いください!

 

 

はじめに、岐阜県の付知(つけち)で育つ針葉樹を使用して生活道具を作っている<asahineko(あさひねこ)>のご紹介です!
この<あさひねこ>という可愛らしいブランド名は、付知で育つ木曽五木である「すなろ・わら・のき・ずこ・うやまき」の頭文字を取ってつけられた名称だそうです。

 

20191210living01.jpg

 

20191210living02.jpg

asahineko 三木 鍋敷き 3,630円

※画像の鍋は参考商品です。

 

こちらは、「あさひねこ」のシリーズより、さわら・ひのき・ねずこの3種類の木から作られた鍋敷きです。

職人の継ぎ手の技術によりぴったりと合わされた3種類の木のコントラストが、視覚的にも独特なあたたかみを与えてくれます。ウレタン加工をしているため、水にも強く、コーヒーポットなどの小さなものを置くのにも適したデザインでございます。

ぜひご自宅にお1ついかがでしょうか。

 

 

次にご紹介するアイテムは、同じく「あさひねこ」シリーズより、見た目が楽しい箸置きのセットです!

 

20191210living03.jpg

asahineko 箸置き(5個セット) 4,950円

※画像の箸は参考商品です。

 

こちらは、色の薄い「ひのき」と色の濃い「ねずこ」の2種類から作られております。

「仕口(しくち)」と呼ばれる、2つの木材を直角あるいは斜めに接合する伝統的な技法を用いて作られており、表面には一切の凹凸もなく、サラッとした手触りが気持ちのいい1品でございます。

シンプルでありながらユニークなデザインを、ぜひ店頭にてご覧ください!

 

 

最後に、青森県のブナの木を用いた製品を作っている「BUNACO(ブナコ)」のシリーズからのご紹介です。

 

20191210living04.jpg

(写真左から)

SWING ティッシュボックス(ブラック) 8,800円

SWING ティッシュボックス(ナチュラル) 9,900円

 

こちらは、ティッシュを1枚1枚ぬくたびに、ゆらゆらと揺れることから「SWING」と名付けられました。「ブナコ」シリーズの独自の製法ならではの緩やかな曲線は、お部屋の中で柔らかな印象を放ちます。角形のティッシュボックスを曲線で包み込むといった、新たな発想が楽しいアイテムです。

シックなブラックと素材感が楽しめるナチュラルの2色をご用意しておりますので、ぜひ店頭にてお試しください!

 

 

いかがでしたでしょうか。

木から作られた生活道具には、木ならではの手触りや柔らかさがありますよね。

皆様も、ぜひご自宅に「木のぬくもり」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

次回はテーブルジョイよりお届けいたします。

お楽しみに!

 

 

※全て税込価格でのご案内です。

※在庫には限りがございますのでご了承くださいませ。

 

 


 *GINZAリビングニュース*

 

【第761回デザインギャラリー1953企画展「鈴木元 Everyday Things」】

期間:2019年12月3日(火)-12月25日(水) 最終日17:00閉場

会場:7階デザインギャラリー1953

 

この度、日本デザインコミッティーでは、「鈴木元Everyday Things」を開催いたします。

鈴木氏は、1975年生まれのプロダクトデザイナーです。中堅世代の実力者として、国内外で脚光を浴びています。鈴木氏はスタジオを自宅に併設し、生活に寄り添いデザインを考えるアプローチで、静かで美しい作品を多数、世に送り出していますが、今回、デザインギャラリー1953では、鈴木氏のデザインが生まれるスタジオの風景、試作などと共に、これまでの仕事を約10点紹介いたします。

 

 

【銀座目利き百貨街 店主:喜多俊之】

2019年11月27日(水)-12月25日(水) 最終日19:00閉場

会場:7階デザインコレクション

 

 過去3回、8階イベントスクエアにて開催されてきました「銀座目利き百貨街」。

松屋創業150年に合わせ、日本デザインコミッティーの協力のもと、今年はデザインコレクションにて開催いたします。日本デザインコミッティーの会員が交代で店主となり、2年間次々と展開いたします。会員各々の審美眼を持ってして選び抜かれた逸品、稀少品の数々をぜひ店頭にてご覧ください。

第4回目は喜多俊之氏による目利きを、どうぞお楽しみくださいませ。