皆様、こんにちは。年に一度の「砥部焼祭り」の季節がやってまいりました。
松屋の名物催事であり、砥部焼ファンの方から初めて触れる方まで、幅広く砥部焼の魅力を楽しんでいただけます!
また今回は記念すべき
第32回を迎え、様々な企画、そして沢山のうつわをご用意しておりますので、乞うご期待!!

第32回生活が育てた器たち「砥部焼祭り」
紋様と形の宝庫 砥部
2017年1月18日(水)-23日(月)<最終日17:30>

8階イベントスクエア

☆特別ご提供品、出品窯元など詳しくご紹介しております。
⇒ イベント特設ページはこちら


そしてブログでは「砥部焼祭り」の熱い情報を順次発信していきたいと思っております!

まずは今年のポスターはこちら!
201701tobe12.png
山吹色が鮮やかで、春が待ち遠しくなりますね!

砥部焼の様々な形や柄を一目で楽しんでいただけるのではないでしょうか。

今回はこのポスターができるまでを少しご紹介します。


今年は10月に砥部へ伺いました。
201701tobe1.JPG
各窯元へ砥部焼祭りに向けての制作のお願いや、お客様よりの昨年のお声などをお伝えします。

201701tobe2.JPG

201701tobe3.JPG
産地でポスター用に選んだ器を持ち帰りいざ、撮影です!

実際にお料理を盛り付けると、うつわの違った表情が見えます。
201701tobe10.JPG
白磁と呉須がサラダのグリーンを引き立てています。ラディッシュの彩もとても華やかですね。
201701tobe7.JPG
豆のポタージュはクルトンの形や位置まで厳しくチェックします。
今回は豆のポタージュのバージョンが採用になりましたが、もう一品、撮影スタジオでは作りました。
201701tobe11.JPG
春なのであさりのすまし汁!

201701tobe4.JPG
スタジオ内には良い香りが漂います。

和だけではなく、洋使いにも合わせやすいですし、飽きが来ず、毎日に楽しんで使っていただけてけるのが砥部の器の魅力です。
201701tobe6.JPG
このように何回も皆で協議し、微調整を繰り返してポスターは作られていきます。

今回はここまで。。。。また次回も砥部焼祭りの情報をお届けします!!