皆さま、こんにちは!今週はランジェリー担当がご紹介いたします。

先月、私は会社の研修でニューヨークに行ってきました!

百貨店や路面店を視察してきたのですが、特に洋服や婦人靴の売場に一歩足を踏み入れると、ワクワクするようなプロモーションや、ディスプレイがあり、とても刺激的でした。

 

そこで今回はニューヨークのランジェリーと靴下・ストッキング売場の様子をご紹介したいと思います。

◆日本とニューヨークの百貨店ランジェリー売場の違い

日本とニューヨークの百貨店のランジェリー売場の大きな違いは、(1)店頭に並ぶ商品の量と(2)販売員の数 です。

tukau.JPG日本では、
1、2個のサイズしか店頭には出さず、販売員がお客様のサイズをお伺いして、ストックから商品を出してご覧いただくのが一般的ですが、

 

ニューヨークでは、
販売員が少なく、取り扱っているサイズがほとんど店頭に並んでいて、「自分で自分のサイズを見つけて買う」という感じです。

 

とにかく、どこの百貨店も、売場に商品が多く、圧倒されました!

uriba4.JPG hanro1.JPG

ワコールやHANRO(ハンロ)もありましたよ!

 

靴下売場も、たくさんの靴下が積み重なっていて、カラータイツを履いている足型も多くてびっくり!

sox uriba1.JPG

 

 

「旬を量で見せる」 という感じですね。



 

 

 

日本の百貨店の場合
お客様が商品を見やすいように、そして、売場や商品の品位、価値を下げないように、壁に飾ったり、ラックにかけたりする商品の数は決められています。

 

私どもの売場へお越しの際に、じっくりとご覧になりたいお品物やサイズのご要望がございましたら、ぜひお気軽に販売員にお声掛けくださいませ。

 

◆ニューヨークといえば“スパンクス”



私ども、3階「ル ランジェ」でも最近取り扱いを始めた“スパンクス”のショップもありました!

spanx2.JPG spanx3.JPG


お店の中は、お客様がお会計に並ぶ程、やはり大人気!



◆ニューヨークでも人気の“ウォルフォード”


そして!これは知らなかったのですが、ニューヨークでは、ウォルフォードもとても人気があるそうです。
どの百貨店でも広いスペースで展開されており、路面店も多くありました。

wol2.JPG    wol3.JPGのサムネール画像

百貨店の販売員さんに聞いたところ、「お値段は少し高いけれど、物が良いからとてもPopularなのよ!」とのこと。
wol4.JPG

 

ウォルフォードのなめらかな履き心地に魅了されている私は、

今シーズンのトレンドの水玉ストッキングと定番のレギンスとタイツを円高を良いことにまとめ買いしてまいりました♪


 

 

 

 

 

◆ランジェリー路面店のとても可愛いディスプレイ

最後に、ランジェリーの路面店で、とても可愛いディスプレイがあったので写真を撮って来ました♪


vp1.JPG  vp2.JPG

ブランドの世界観が伝わってきますね。

階段をあがると、マネキンが下を眺めていてとっても cute!

 

こんなスケールの大きさで、お客様が実際に使うシチュエーションを想像できるようなディスプレイは面白いですよね。

 

「女子力アップ」ブログを書いているランジェリー担当としては、セクシーに女を磨くランジェリーをもっともっと紹介していかなければと思いました。

 

3階「ル ランジェ」にも、こちらのブログにも、これからもぜひ見にいらしてくださいね!

 

それでは、今回はこの辺で。

 

来週は、靴下担当から、「ル ランジェのクリスマス ~靴下・パンスト編~」をお届けいたします。お楽しみに☆