皆様こんにちは!
金曜11:00は3階婦人靴・ハンドバッグ売場より「コレ欲しい!」情報をお届けします。


涼しい日も続き、秋らしくなってきましたね!秋と言えば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と…楽しみ方がたくさん。松屋銀座では、芸術の秋にちなみ毎年恒例の「MATSUYA GINZA DESIGN WEEK」 開催中です!

期間中、館内では「ココロ動かすひとテマ」「ココロ踊るデザイン」であふれており、もちろん婦人靴売場も例外ではありません!今回の「コレ欲しい!」では、デザイン性あふれたシューズを、それを手がけるデザイナー情報とあわせてご紹介いたします!

<ニーシャ クロスランド>
20160924korehoshii1.jpg
24,840円から

英国を代表するテキスタイルデザイナー「ニーシャ クロスランド」の手掛けるシューズが今秋初登場!ニーシャさんはインテリアペーパーデザインを中心に、ファブリック、リビング雑貨、ステーショナリーなどもプロデュースされているんですよ♪独特のカラーコンビネーションと、ダイナミックなグラフィックデザインを落とし込んだシューズは足元を素敵に彩ってくれることでしょう。

<ポー>
20160923korehoshii2.jpg
29,160円
型番:PO-709-1601
色:ブルー、ブラック


クラシックでフレンチテイストがベースイメージの<ポー>
「どこにでもありそうで、どこにもない。」そんなデザインを手がけるのは日本人デザイナー「柳典子氏」。柳さんはシューズを手がけるときには思いつき、甘さ、風合いを大事にしていらっしゃるそうですよ♪
今回ご紹介するレースアップシューズにはフリルをつけることで、メンズライクなレースアップシューズがよりガーリーな雰囲気に仕上がっています。


<フロム ザ ドア102>
20160923korehoshii3.jpg
33,480円
型番:NH-179-1601
色:ブルー、ブラック


<フロム ザ ドア102>というブランドネームはデザイナー「星 奈津子」さんがロンドンにいた時の部屋番号からきているとか。
アンダーグラウンドやアウトサイダー的なアートシーンや、旅行、近未来的な建築物などからインスピレーションを得る事が多く、モードさにまだ大人になりきれないようなあどけない少女らしさを加えた甘辛デザインが特徴です。大きなファーリングが目を引くローヒールパンプスは、きれいめなコーディネイトに一味加えてくれる一足になっています。


さていかがでしたか。ひとつひとつのシューズに込められたデザイナーの想いを感じ取ることが出来れば、よりファッションを楽しむことが出来そうですよね♪ぜひ松屋銀座に集められたデザイナーの「ひとテマ」を探しにきてみてくださいね♪お待ちしております。


次回の「コレ欲しい!」は2016年9月30日(金)11:00(予定) 婦人靴売場からお届けいたします。どうぞお楽しみに!

 
※表示価格はすべて税込です。
※ブログに掲載された商品は数に限りがございますので、売り切れの場合はご容赦ください。
※お問い合わせ・ご注文等につきましては、下記の電話番号までご連絡ください。
松屋銀座 03-3567-1211(大代表) 3階 婦人靴・ハンドバッグ