こんにちは。

ふと、富士山山頂の気温を調べてみたら、13日正午は気温が4.4℃、湿度が96%、まだ真冬のような気温でずいぶん驚きました。
7月中に登山を予定されている方は防寒具も用意された方が良いかと思います。


ご参考までに ⇒ 2011年12月1日アップ
☆ザ・ノースフェイスからあったかインナーご紹介☆WARM or HOT?

 

今回は、登山でもっとも重要なアイテム ザック をご紹介いたします。
アウトドア売場にはたくさんのザックがあります。
どれが適しているのかあまり分かりませんよね?
なので、ショップスタッフに富士登山にはどのようなザックを持っていけばよいのか聞いてみました。

 

すると、ポイントが4点ありました。

1. 腰ベルトがついている。(ザックが固定されて左右に揺れないので疲れにくい)
2. ザックの横にポケットがついている。(水筒やペットボトルが入れられるので、すばやく水分補給ができる)
3. 30リットル程度のものを。(容量の小さいものをデイパックに無理して詰め込むと固くなって担ぎづらいため)
4. ザックカバーがついているもの(雨対策として)

 

以上、4点が揃ったザックをメンズ・レディスともにご紹介いたします。

 

*********************************************************************

メンズ

gregory091708.jpggregory071907.jpggregory091711.jpg

GRWGORY(グレゴリー)  Z35
17,640円
カラー : Iorn Gray / Currant red / Midnight blue
容量 : 35L
重量 : 1,300g

 

レディス

gregory071901.jpggregory091704.jpg

GRWGORY(グレゴリー)  JADE34
17,640円
カラー : Moonshadow mauve / Clover green
容量 : 35L
重量 : 1,300g

 

*********************************************************************

 

一番の特徴は、 背面のメッシュパネル です。

gregory091703.jpggregory091706.jpg

背中の部分は、右の写真から分かるように、若干隙間があり蒸れにくくなっています。腰部分には、分厚いパットが入っており、うまく荷重が分散されるように工夫されています。また、ザックの取り出し口が大きく開閉できるようになっており、用意に荷物を取り出すことが出来ます。それだけでも十分便利なのですが、小さなポケットもたくさん付属しているので、細かいものを収納しやすいです。

 

Z35(メンズ)

gregory091710.jpg

かなり大きく開きます。

 

JADE34(レディス)

gregory071902.jpg

カバーを開けると、絞りが出てきます。安心な設計です。
メンズ・レディスでそれぞれ違いがあり面白いですので、見つけてみてください。

gregory091712.jpg

ウエストベルトにポケットがついていて、デジタルカメラをいれるのにちょうど良い大きさです

 

*********************************************************************

 

実際登山で使用してみたスタッフに聞いてみたところ、背面のメッシュパネルは予想以上に快適で背中の汗はかなり軽減されるそうです。一見、背中が密着していないのでバランスが悪そうに見えますが、そのようなことはなく快適だそうです。安心してオススメする商品でございます。

 

グレゴリーのザックはお値段は少しお高めですが、 「これ買ってよかったな」 と思わせるだけの魅力があります。ザックに求められる基本的な機能は十分満たしており、今回ご紹介しきれないほどでした。ぜひ、一度アウトドア売場にお立ち寄りくださいませ。

次回、2012年7月26日(木)もアウトドア売場より、「富士山への道のりパート5 ~登山靴について~ 」をお届けします。お楽しみに。

 


※表示価格はすべて税込です。
※商品のお問い合わせは、下記の電話番号までご連絡ください。
松屋銀座03-3567-1211(大代表)6階アウトドア 03(3567)1211