こんにちは。

前回に引き続き、 富士山の装備 についてご紹介します。

山開きの日は残念ながら天候はあまりよくなかったようですね。
未明の山頂付近の天候は雨で、登山者の体を揺さぶるような強い風も吹いていたそうです。ですが、ご来光時には雨は上がり、東の空の雲の間から途切れながらも太陽が見えたそうです
その感動はなにものにも代えられないでしょうね。筆者もご来光の感動を味わいたいものです。


 

今回はあると便利なものとしてよく取り上げられている 酸素 についてご紹介します。初めての富士登山でしたら、なるべく持って行くことをオススメいたします。

sanso0705.JPG

Mueller(ミューラー) 携帯用濃縮酸素スプレー
森の酸素館
1,050円

 

いつでもどこでも使える 携帯用酸素スプレー です。
いざというときに心の支えになり、疲労回復リフレッシュ効果があります。仕事中の気分転換にもお使いいただけますよ♪急にスプレーを吸う姿に驚かれるとは思いますが・・・。
酸素を携帯しても、高山病になるのが心配という方には、

・身体を高度に順応させるために登山口で30分以上過ごしてから出発すること!
・登山口で、簡単なストレッチや準備体操を行う!

以上、この2点を行ってみてください。
せっかくの登山が高山病になってしまうと中止せざるを得なくなります。そうなる前に事前の対処をオススメします。 

 

***************************************************************************

 

続きまして、登山用スパッツのご紹介です。
こちらは、アウトドアショップスタッフ一押しのアイテムです。筆者も説明を聞いて、いかに重要なアイテムかを知りました

本来、雨や風や雪の日の防水対策に使うスパッツ。富士登山では、あるととっても便利なグッズになります。
なぜかというと、富士山は砂や小石の山です。
火山礫の積もった、深い砂や砂利道が多く、これらが靴の中に入るのを防ぐために使用します。
下山時に大変有効です。

 gore070506.JPG

GORE-TEX(R) クラシックゲイター [RX0052]
5,040円
Coler : ダークグリーン、ディープクラレット、グレイ

  

auto0705.JPG

実際にはこのような着用の仕方になります。(靴:参考商品)

gore070501.JPG

ふくらはぎの部分は調節ができます。

 

gore070508.JPGgore070507.JPG

ジッパーとマジックテープでしっかりと止められますので、上からの砂・小石の進入も完全ブロック!!
着用のポイントなどはショップのスタッフにお尋ね下さい。
細かく説明致します。

gore070504.JPG

小さく収納も出来ますので、登る際はザックに忍ばせておけば嵩張りません。

 

***************************************************************************

 

アウトドアスタッフによると、乾燥しているときは下山道で砂ぼこりが強烈ですので、さらにバンダナやマスク、コンタクト使用者はゴーグルか、せめてサングラスを用意して行くとなお良いそうですよ。下山後、体中が砂ぼこりまみれになり帰りが大変だとのこと。
だから、富士山の後に温泉がセットになっているツアーもあるんですね!

 

次回、2012年7月12日(木)もアウトドア売場より、「富士山への道のりパート3 ~水筒は欠かせません~」 についてお届けします。


*表示価格はすべて税込です。
*掲載いたしました商品は、数に限りがございます。売り切れの場合はご容赦願います。
*商品のご確認は松屋銀座6階 アウトドア売場までお願いたします。
直通:050-5552-7455(IP)