松屋銀座 MATSUYA GINZA
松屋銀座ギャラリーブログ

『弓岡勝美と壱の蔵工房が創るちりめん細工の世界 ちりめんのお細工物で楽しむ歳時記』始まりました!
2019年03月01日 12:00
遊びのギャラリー担当

今週のギャラリ―情報は 『 弓岡勝美と壱の蔵工房が創るちりめん細工の世界 ちりめんのお細工物で楽しむ歳時記 』 のご案内です。

 

 

◆ 弓岡勝美と壱の蔵が創るちりめん細工の世界 ちりめんのお細工物で楽しむ歳時記

<遊びのギャラリー>

期間:2019年2月27日(水)−3月5日(火) 最終日17:00閉場

 

 

今週の会場は、色鮮やかで可愛いちりめん細工の世界がひろがっています。四季ごとの、歳時記風の展示構成となっております。

入口は、これから迎える春を、お雛様、吊るし雛などで飾り立て、とても賑やかです。

使用している布(ちりめん)は、明治・大正の着物からのものです。最近では、手に入れることがとても困難なのだそうです。

着物リサイクルショップ「壱の蔵(着物)」を展開する店主 弓岡さんならではの上質なちりめんを使用されています。

 

2019.2.27yumioka2 (2).JPG

 

 

2019.2.27yumioka3.JPG

『飾り扇』 45,360円

DSCF9184.JPG

『和菓子セット』 25,920円

 

そもそもちりめん(縮緬)とは、表面に縮れよる細かい凹凸がある絹織物のこと。

経糸にはほとんど撚りのない生糸を、緯糸には強い撚りをかけた生糸で平織し、

精錬することで布が縮み波状の凹凸ができます。

こうすることでお細工物に最適の伸縮性がうまれるのです。

 

2019.2.27yumioka4.JPG

『香袋』 19,440円

 

こちらはお花の裏側に香を入れ、お部屋に飾っていただくことで、さりげなくおもてなしができます。

優しいちりめんならではの表情が素敵ですね。ブローチとしてもお使いいただけますよ。

 

 

 

 

2019.2.27yumioka6.JPG

『月見団子』 19,440円  『ウサギ』(写真左から)66,960円/90,720円

 

 

 

 

 

2019.2.27yumioka2 (1).JPG

『押絵タペストリー』 各56,160円

こちらは 押絵を麻布に施してあります。それぞれのパーツごとに制作し、絶妙な色あわせで立体的な仕上がりになります。 

 

 

 

弓岡さんや工房スタッフの手になれば、帯にも押絵を施すことができます!

型紙には接着芯を使ってあるのがみそ。

接着芯を用いることで、布馴染みが良く、紙の型紙のように折れたりしないので帯にも施すことができるのです。

さやえんどうの色合いに合わせて帯を染める、細やかなテクニックも活きていますね。

2019.2.27yumioka11.JPG

『帯』 129,600円

2019.2.27yumioka15.JPG

『桐箱』 34,560円

最後にご紹介するのがこちら、ちりめんをパーツにカットして桐箱に貼ってあります。つなぎ目がなく貼ることは、とても手間のかかる作業なのだそうです。

着なくなってしまった着物の端切れで、こんな風にアレンジして活用することができます。小さな端切れでも、しっかりとした存在感があるので 作品の中では輝きを放つのですね。

 

どうぞ、会場でちりめんの美しさと、匠の技を存分にお楽しみください。

ご来場をお待ちいたしております。

お隣 「和の座ステージ」では、 『小紋廣瀬展2019』 『絵巻物の動物たち ベッ甲イソガイ』 も開催いたしております。併せてお楽しみください。

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます。売り切れの際は、ご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

来週は『山口真功洋画展』のご紹介です。お楽しみに!


<前の記事  次の記事>

ブログトップ
松屋銀座ブログトップ


(C) Matsuya Co.,Ltd.