松屋銀座 MATSUYA GINZA
松屋銀座ギャラリーブログ

『前田朝黄(Maeda Asagi) アートジュエリー展』始まりました!
2019年02月22日 12:00
遊びのギャラリー担当

こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『前田朝黄(Maeda Asagi) アートジュエリー展』のご案内です。

 

 

◆前田朝黄(Maeda Asagi) アートジュエリー展 <遊びのギャラリー>

期間:2019年2月19日(火)−26日(火) 最終日17:00閉場

 

 

「遊びのギャラリー」では初めての開催となります、前田朝黄さんのジュエリー展が始まりました!

 

さていきなりですが、下の作品一体何だと思いますか?

実はなんとブローチです。まるでオブジェのような大きさと存在感!!

それもそのはず、サイズは長さ20cm、高さ15cmとブローチにしては破格に大きなもの。

 

前田さんの作品は、その多くに物語性(ストーリー)があり、

この作品も琥珀を雲に見たて、琥珀越しの光が街のビル群を照らしています。

 

2019.2.19maeda1.JPG

『雲の上の街』ブローチ (シルバー・白磁・琥珀・K18) 734,400円

 

「雲の上の街『待って!』僕は飛ぶ雲を追いかけた。

ジャンプして、雲になんとかしがみつく。

下部の枠組みを上がって、街のあるデッキの上に出た。

上には大きな光源があり、街はその光から全て3次元に映し出されている映像だった。」

この作品には、こんな物語が込められていました・・・。

 

 

 

2019.2.19maeda10.JPG

『街のリング』(SV・ロジメッキ・フローライト) 194,400円

 

 

2019.2.19maeda211.JPG

『Loveネックレス』(SV・K18・アクリル・ピンクトルマリン・アコヤパール) 160,560円

 

 こちらの作品も細部にまでこだわっていて、そこに表現されている人の仕草から色々なことが連想させられます。

 

 

 

2019.2.19maeda3.JPG

『さんかくでふたり』ピアス (SV・ロジメッキ・アコヤパール) 20,520円

 

耳元で囁き合う小人のヒソヒソ話が聞こえてきそうです。小指の先ほどの、僅か5、6mmの造形で

そんなことまで連想させてしまえるのは、美大の彫刻科出身という土壌があるからなのでしょうね。

 

 

2019.2.19maeda2.JPG

『花の咲く頃』ペンダント(SV・ロジウム・K18・メッキ・メタクリル樹脂・ルビー) 49,680円

 

クリアな樹脂にお花を閉じ込めたペンダント。

“メタクリル樹脂”は、透明度が高く水族館の水槽等に使用されている素材なのだそう。

ジュエリーというカテゴリーの中だけに閉じこもっていると発想さえしないような他の素材とも組み合わせ、独自の世界観を確立されています。

 

 

 

2019.2.19maeda8.JPG

『光と影 ブローチ』(18・赤銅・純金) 78,840円

 

 

最後に、男性にも喜ばれるアイテムもご用意しているのでそちらもご紹介します。

かわいらしい、トンボ・飛行機・鳥のカフスです。

空にまつわるものが多いですね。

 

2019.2.19maeda6.JPG

『カフスボタン』(SV・ロジメッキ) 各16,120円

 

 

 

前田さんが考える本当の宝石とは『人の心』。

その、人の心という宝石をさらに輝かせられるような夢のある作品創作を心がけていられるそうです。

見ているとストーリーに引き込まれるような、前田さんの楽しいジュエリーの世界をどうぞお楽しみください。
お待ちいたしております。

 

お隣り和の座ステージでは『坂本これくしょん 身につける漆』『2 acco oimatsu exhibition Matoi』も開催いたしております。併せてお楽しみください。

 

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます。売り切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

 

来週は『弓岡勝美と壱の蔵が創るちりめん細工の世界 ちりめんのお細工物で楽しむ歳時記』のご紹介です。お楽しみに!


<前の記事  次の記事>

ブログトップ
松屋銀座ブログトップ


(C) Matsuya Co.,Ltd.