松屋銀座 MATSUYA GINZA
松屋銀座ギャラリーブログ

『カエルのひとりごと 2016 有川京子のclay works』 始まりました!!
2016年06月17日 12:00
遊びのギャラリー担当

こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『 カエルのひとりごと 2016  有川京子のclay works 蛙は垣根を跳びこえて 』 の ご紹介です。

 

■ カエルのひとりごと2016 有川京子のclay works 蛙は垣根を跳びこえて

<遊びのギャラリー>

会期:2016年6月15日(水)−21日(火)

最終日17:00閉場

 

 

【展覧会 ギャラリー情報】 詳しくはこちら⇒

 

今年も、松屋のギャラリーに 可愛らしい 「カエル」 がたくさんやってきました!

皆さまお待ちかね。毎年の梅雨の季節の風物詩、有川京子さんの作陶展の開催です!

 

群馬県 赤城山に工房「Bottega Ari」を構える女流作家、有川京子さん。

ご自宅のお庭や池で、丹精込めて育てているお花や蓮のもとに集まる、小さな生き物…

のどかでゆったりとした自然風景と共に暮らしながら、有川さんは、そんな癒しの日々と、いのちの輝きをかたちにしてゆきます。

 

蓮の葉を模した、透けるようなグリーンの器に瑞々しく彩られた会場は まるで森の中のようです!

 

 280617arikawa01.JPG

 

 

有川さん の作品モチーフ といえば、そう、冒頭で触れました 
「カエル」!!

作品のひとつひとつに付いているカエルが、有川さんの作品の目印なんです。

280617arikawa02.JPG

左 『 蓋物 ボッチャンカボチャに家守』 11,880円

中・後 『蓋物 蛙と胡桃』 9,288円

右・前 『カエルの王子様 -2』 10,800円

 

こちらは、特にカエルたちの可愛らしさが際立つ蓋物シリーズ。 それぞれ、とってもリアルなのにどこかお茶目な仕草がたまりません!

一匹一匹ポーズや表情が少しずつ違うので、一点ずつじっくり見るのもまたワクワクする時間。お気に入りの子をゲットするため、会期初日からたくさんの有川作品ファンの皆様がつめかけています。

280617arikawa03.JPG

 『三ッ足小鉢 S 家守』 6,048円

 

ん!?  上の写真のカボチャの上にも登場していますが…カエルに紛れて ヤモリ(新キャラ!?) もちらほら。

なんとこちらでは今まさにシッポが切れた(!)子を発見! 有川さんの遊び心に思わずクスッとしてしまいます♪

 

 

さてさて、作品の鑑賞ポイントは、というと…

280617arikawa04.JPG

『花器 2』 30,240円

 

まずは、轆轤(ろくろ)製法の作品です。 葉脈などを再現し本物の葉のように作る器がトレードマークの有川さんですが、今回は「花を生けた時に綺麗に見える器」をテーマに、轆轤ならではのシンプルな造形の作品を制作しました。

こちらの作品でも、ご自宅から持参の赤アジサイがよく映えています!  お花好きな方、必見です。毎日の暮らしの中に、どんなふうに彩りを取り込めばいいか、すごく参考になります。

 

 

また、毎回大人気の帯留や根付に加えて、今回はペンダントトップが初登場!バッグのファスナーなど、ちょっとした場所にも付けて、カエルと一緒にお出かけできます! アクセントの小物としていかがでしょうか?  もちろんお持ち カエル も 結構です?!

280617arikawa05.JPG

左 『ペンダントトップ 鉢巣に蛙』 27,000円

右 『ペンダントトップ 空豆に蛙』 18,360円 

 

肘をついていたり、笑っていたり、まどろんでいたり、泳いでいたり…見ていると、何だか 無性に いとおしくなってしまうカエルたち。

そんな彼らのひとりごと、こっそり聞いてみませんか? ケロケロ(笑) 
会場でお待ちしております。

 

 

 ※和の座ステージは2016年7月19日(火)まで『松屋のゆかた2016』開催のためお休みさせていただきます。

 

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます。売切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

 

来週は『山口みちよ 鍛金展』のご案内です。こちらもどうぞお楽しみに!


<前の記事  次の記事>

ブログトップ
松屋銀座ブログトップ


(C) Matsuya Co.,Ltd.