こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『 渡邊徳明ガラス展・畑井智和 色絵の器展 』 の ご紹介です。

 

 

◆  渡邊徳明ガラス・畑井智和色絵の器展

期間:2019年5月1日(祝・水)-7日(火) 最終日17:00閉場

 

 

新しい年号『令和』の 記念すべき 最初のギャラリーを飾るのは、ガラスと色絵のうつわ の競演です。先ずは、ガラスの渡邉さんよりご紹介いたします。

渡邊さんのガラス作品の特徴は、耐熱ガラスを用いていること。日常使いの器や酒器を 高い技術の中で製作しています。耐熱ガラスのクリアさが涼しさを与えてくれます。

新年号の立ち上がりという事で、祝祭ムードを高めるべく 人気の“響き”シリーズを前面に飾っています。

 

2019.4.30watanabe2.JPG

『耐熱ちろり(ひびき)』37,800円

 

2019.5.1watanabe1.JPG

『耐熱盃 ひびき』9,720円
 

こちらも 渡邊さんオリジナルの『響きシリーズ』から。金の箔をガラスの中に何層にも閉じ込め、その輝きが目をひきます。
思わず 祝杯がすすんでしまいそうです。


定番の『醤油差し』にも こだわりがあります。毎回毎回進化を遂げてきていて、“蓋の落ちない醤油差し”シリーズも 更に改良が重ねられています。伺うと、使い手の不便に思う声を聞くと職人魂が燃えてチャレンジしたくなるのだとか!

2019.5.1watanabe2.JPG

『耐熱蓋の落ちない醤油差』10,800円
 

2019.4.30watanabe3.JPG

『耐熱水滴』各7,560円

 

写真のような、水滴・小花入など小さく可愛いアイテムも多数取り揃えております。小さなお花を飾って食卓を華やかに演出できます。

こちらも 今回の新作。まるでオーロラのように幻想的な景色が広がっています。表面にかぶせた銀の箔が熔け様々に変化します。

20194.30watanabe4.JPG

『花入れ(水の宴)』54,000円

 

他にも、定番のアイテムのあれこれ、毎日使えるマグカップなど、カラフルに展開しています。
耐熱ガラスなので、電子レンジの使用も可能で 幅広くご利用いただけるのが 嬉しいですね。


続きまして、白磁の器に色絵を施した畑井さんの作品をご覧いただきましょう。

2019.4.30hatai10.JPG

 

今回は壁掛け時計が、多数飾られています。和・洋の部屋に合うようバリエーションも豊富です。

今回の会期が決まった時に、新元号スタートの会期ということで、やはり 祝祭感を表現していただけたらというリクエストに お作りお持ちいただいたのがこれ!!  松の葉を筆で描くのは、根気のいる作業だったことでしょう。窯から出すまで緊張感が続いたことでしょう、ありがとうございました。

2019.5.1hatai15.JPG

『時計 千代の松』54,000円

 

2019.4.30hatai2.JPG

色絵の柄は 細かく見ると こんなにカラフルに描かれていて、見ているだけで元気になります。

藝大の日本画出身だけあって、描かれた植物は繊細で緻密です。ご自身でもお庭で、植物を育ててるので 細部に至るその描写力には定評があります。

こちらの猪口は、シンプルなデザインでいながら飽きがこなく、長くお使いいただけます。

20194.30hati6.JPG

『猪口』各5,400円
 

2019.5.1haiai10.JPG

『酒杯カワセミ』7,560円

カワセミが盃のフチに乗る造形で、中には魚が描かれいます。遊び心が活きた作品ですね。

 

2019.5.1hatai16.JPG

『猫 小皿6枚組』10,800円

 

人気の小皿シリーズに、今回は猫シリーズが登場しています。猫好きの皆様には朗報ですね!

今、ちょうど時期のやまぼうし。畑井さんの作品に描かれた花で 恥ずかしながら色々な花の名前を覚えました。

2019.4.30hati1.JPG

『素描 やまぼうし』108,000円

他にも ブローチや帯留など小物作品も多数取り揃えております。

どうぞ、会場で異なる素材の世界をお楽しみください。みなさまのお越しお待ちいたしております。

お隣和の座ステージステージでは  『大人だってあそびたい からくり箱×わ』  『工房大地 木工展』 を開催いたしております。併せてお楽しみください。

 

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます。売り切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。



令和になりましても、ギャラリーブログをよろしくお願い申し上げます。
来週は『アルフォンス・ミュシャ版画展』のご紹介です。お楽しみに!