こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『石川珂旦 美の世界展』 のご紹介です。

 

 

◆ 石川珂旦 美の世界展 <遊びのギャラリー>

期間:2018年9月19日(水)-25日(火)最終日17:00閉場

 

 

斬新なデザインセンス、造形感覚で定評のある石川珂旦さん、今回も優美なジュエリーや絵画・陶器など幅広い才能を存分にお楽しみいただけます。

デザインを考えるのに必要なのはインスピレーション!と話す 石川さん。
スランプに陥ったことはないですか?と伺うと、ジュエリー、絵画、陶器と、様々なジャンルの制作を続けることで日々デザインが生まれてくるので、スランプを感じたことはないそうです。

それにしても、たくさんの個展をこなしながら制作する石川さんのバイタリティーには驚かさせられます。

20180921gallery01.JPG

 

20180921gallery02.JPG

 

 

 

今回、松屋に初登場のパテーション!
実はオリジナルデザインで作ったスカーフをアルミ板に貼り込んだもの。
さらに、この図柄のスカーフも会場にお目見えしています。

20180921gallery03.JPG

 

 

 

さて、ここからは、ジュエリーをお楽しみください。

ブラックオパールが、角度によって様々な色を見せてくれます。

リングのデザインは勿論なのですが、装着感の良さと、手を動かした時に一番美しく見える造形を意識し、質感全てが研ぎ澄まされた仕上がりです。

リピーターの方で、『リングをはめない時は、飾って眺めています』と仰っている方がいらっしゃいました。

なるほど、“ジュエリー” の概念を超えた、造形の美なんですね。

 

20180921gallery04.JPG

『レシア』 421,200円 (ブラックオパール&ダイヤ・プラチナ)

因みに 『レシア』 とは、スペイン語で強い・逞しいとの意味だそうです。

 

 

 

こちらは、とても希少価値のあるオレンジサファイヤを建築物のように立体的にアレンジしたリング。

 20180921gallery05.JPG

『セナド』 359,640円 (K18・オレンジサファイヤ・ダイヤ)

 

20180921gallery06.JPG

『アピス』 302,400円 (イエローサファイヤ・ダイヤ)

 

 

 

最後は、陶器をご紹介します。艶やかな肌合いと美しいフォルムが印象的です。さりげなく一輪生けることで、素敵に演出してくれます。

20180921gallery07.JPG

『粋然』 19,440円

 

 

どうぞ、会場で造形の世界をお楽しみください。リングの装着感も実際にお試しいただけます。

お待ちいたしております。

 

 

お隣り和の座ステージでは『真砂三千代 秋衣展』 を開催いたしております。併せてお楽しみください。

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます売り切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

来週は『絲合わせ・布合わせ MAKI TEXTILE STUDIO 2018 秋展』のご案内です。お楽しみに!