こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『水野幸一作陶展』 の ご案内です。

 

 

◆  水野幸一作陶展 <遊びのギャラリー>

会期:2018年7月11日(水)-17日(火) 最終日17:00閉場

 

 

お待たせいたしました!

この時期恒例の、岐阜県土岐市に工房を構え制作活動を行う、水野幸一さんの個展が始まりました。

毎年夏の暑さの全国トップスリーに必ず名前の上がる岐阜ですが、今年は更に西日本を中心としたにををちををををををををわ大雨が追い打ちをかけました。

水野さんの窯も大雨の被害を受けてしまい、個展に向けた最後の追い込みが大変だったそうです。

そういった事情もあり、今回の個展準備の搬入日、実際に水野さんが到着しその作品を荷解きするまで実にハラハラしました。

では、早速会場をご覧いただきましょう。

20180713gallery01.jpg

 

軽さといい、フォルムのシンプルで美しいさまがもたらす使い勝手の良さはピカイチです。さすが!ミスターロクロマン!

リピーターの方々は、毎回新たなアイテムをプラスしていただいて、お料理の幅を広げ楽しんでいらっしゃるのだとか。まるでレストランのように素敵にお料理を盛り付けられる! との声も多数いただいておりいます。

和・洋どちらでも食卓を彩る事が出来る『美味しくなるうつわ』、それは今回も健在です。

 

 

 

20180713gallery02.jpg

『古白磁ツートンボール』 各4,104円

 

 

 

20180713gallery03.jpg

『古白磁花器』86,400円

こちらは花器の丸み・括れ・肌触りなと細部に至るまで水野さんの高い技術が感じられる一品。 

 

 

20180713gallery04.jpg

『wan』 5,400円

 

 

20180713gallery05.jpg

『古白磁ひさごカップ』 各3,240円

 

 

20180713gallery06.jpg

『銅彩釉スクエアオーバルプレート(小)』5,400円 『銅彩釉ぐい呑』2,700円

定番の『銅彩シリーズ』も、ご覧のように金属のような風合い。この色が食材を美味しくしてくれるのです。 

 

銅彩釉と赤鉄釉のツートン鉢。2つの釉薬が重なったところが何とも言えない趣を醸し出しています。

20180713gallery07.jpg

『銅彩釉ツートン小付』 2,700円

20180713gallery08.jpg

『銅彩釉ひずみ鉢(大)』 各8,640円

人気のひずみ鉢はお料理の器としてだけでなく、花器としてもお使いいだだけます。

 

 

さて、今回会場で、ひときわ異彩を放つ作品がこれ!

轆轤(ろくろ)を使用せず、石膏の型に粘土を練り込み三層仕上げになっている小鉢です。

優しい色のグラデーションと軽くすっぽり手に馴染む感じは、やはり水野作品!

小学生のお子様からアイデアをもらったと話してくれましたが、新たな挑戦が始まる予感がします。

皆さんがお持ちの、水野さんの作品イメージとは対極ですが、本人もその差を見てもらいたいと話しています。

20180713gallery09.jpg

『打込小鉢』 各3,780円

どうぞ、会場で直に作品にお手を触れ、その薄さ・軽さを実感していただき、暑い夏食卓を涼しく演出してみてはいかがでしょう?

水野さんも会期中毎日在廊していますので、お気軽にお声をかけていただければありがたく思います・・・

選んでいただいた、うつわにぴったりのレシピアドバイスなどもありますよ。

ご来場をお待ちいたしております。

 

 

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます売り切れの際はご容赦ください。

※表示価格は税込です。

※和の座ステージは2018年7月17日(火)まで『松屋のゆかた』開催のためお休みさせていただきます。

 

 

来週は『大場 匠ガラス作品展』のご紹介です。お楽しみに!