こんにちは!

今週のギャラリー情報は  『春の足音 ganga maki2018年 春の布&衣』  のご紹介です。

 

 

■  春の足音 ganga maki 2018年春の布&衣 <遊びのギャラリー>

会期:2018年3月14日(水)-27日(火) 最終日17:00閉場

 

【展覧会 ギャラリー情報】  詳しくはこちら⇒

 

 

お待たせいたしました!真木千秋さん主宰の、マキテキスタイルスタジオの春・夏の新作展が始まりました。

インドはヒマラヤ山麓の小さな村に完成した『ganga』工房で、野蚕を育て糸を紡ぐところからスタートし、丁寧に染め、織り上げられた布を、洗練されたデザインで仕立てることで、日本のマダム達に圧倒的な支持を得ている 真木さんのテキスタイルは、身にまとった瞬間に その違いがわかります。特にこれからの季節には、とても涼しく快適にすごせます。

早速、会場をご覧いただきましょう。

2018.3.14maki2 (2).JPG

 

 

 

新作の春・夏物は、透け感もあり それだけでとても涼しげです。

2018.3.14maki2 (1).JPG

 

2018.3.14maki4.JPG

『スカート』45,360円(絹/麻)『ブラウス』37,800円(マトシカシルク/綿)『ショール』38,800円(絹/麻)

このように、組み合わせ次第でパンツスタイルもお楽しみいただけます。

 

 

 

2018.3.14maki5.JPG

『タンクトップ』23,760円(デュピオンシルク)『ショール』41,040円(絹/毛)

このタンクトップの色は、実は果物の『柘榴』の内側の皮を使って染めてあるそうです。

柘榴は赤が強いイメージがありますが、実際には優しい黄色になるんですね。 因みに“デュピオンシルク”とは、家蚕の双子の蚕が吐き出した糸だそうです。双子だけあって張り感が2倍の手触り!

自然素材ならではの不思議で神秘的なパワーを感じます。

 

 

 

「マキテキスタイルスタジオ」と言えば、ショールは絶対に外せない人気のアイテム! いつかは自分も、と いつも憧れをもって扱っています。

この弾力のある質感も、使う程肌に馴染み 優しい風合いに育っていくのだとか。う~ん、ますます憧れが募ります。

意外なことに、お手入れも ご自宅で手洗いが可能なんです!!

2018.3.14maki7.JPG

『ショール』43,200円 (絹)

 

 

 

 

 

最後にご紹介する こちらは、手仕事ならではの『チクチクコースター』。  ひと針、ひと針丁寧に縫い上げてあります。

カラーバリエーションも以前より豊富になりました。

2018.3.14maki3.JPG

『ちくちくコースター』各1,404円

 

桜の開花も目前に迫り、お出かけには最適の気候となってきました! どうぞ、お運びいただき 会場で今年の春・夏アイテムをお試しください。

お待ちいたしております!

 

お隣り和の座ステージでは 山形から 春を感じさせる様々な日常アイテムをご紹介する 『山形から春を』 を開催いたしております。

是非こちらも 併せてお楽しみください。

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます売り切れの際はご容赦くださいませ

※表示価格は税込です。

来週は引き続き 『春の足音 ganga maki 2018年春の布&衣』 の ご案内です。お楽しみに!