こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『小畑裕司 作陶展』 の ご案内です。

 

■ 小畑裕司作陶展 <遊びのギャラリー>

会期:2018年2月28日(水)-3月6日(火)  最終日 17:00閉場

 

 

 

 

【展覧会 ギャラリー情報】 詳しくはこちら⇒

 

 

お待たせいたしました!

佐賀県有田にて作陶を行う、小畑裕司さんの個展が始まりました。

有田と言えば、日本の磁器の一大産地。

有田特有の透明感のある磁肌に、緻密で繊細に描かれた桜やユーモラスな魚図など、様々なアイテムをゆっくりとご覧ください。

桜の季節には もう少しですが、一足先に会場でお花見気分を味わっていただければ、と思います。

 

2018.2.28obata9.JPG

 

2018.2.28obata5 (1).JPG

『幹桜文筒香炉』 97,200円

 

2018.2.28obata7.JPG

『枝桜文飾皿』129,600円

 

2018.2.28obata10.JPG

『枝桜文紅茶碗皿』27,000円

 

定番で人気の香炉、皿、紅茶碗皿の中に、まさに桜が満開です。

この次に紹介の陶板は、形に変化をつけ今までの作品とは、一味異なる趣があります。

 

2018.2.28obata1.JPG

『ネンブツダイ文陶額』 324,000円

 

 

 

こちらの大深鉢は、表面を平らにせず、口径部にも歪みを持たせてあります。そうすることで、描かれたカジキに とても躍動感が生まれています。

魚を描く線も、平な磁器面に描くのとは異なり、違い少し太い線で大胆に描いています。

実は 一昨年から海外での発表を始めた小畑さん、あちらでの評価や評判をベースに、試行錯誤しながら こうした新たな作品への取り組みに挑戦しているんですね。

2018.2.28obata2.JPG

『カジキ文扁深鉢』 756,000円

 

 

もちろん、この他にも 日常使いの小鉢・ぐい呑など、多数取り揃えております。白磁に手描きで紋様を丁寧に施した小畑さんならではの優美な世界をお楽しみください。

ご来場を お待ちしております。

 

 

 

お隣和の座ステージでは『草木萌動ノ章』『quartetto ベッ甲イソガイ4人の作り手たち』を開催いたしております。併せてお楽しみください。

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます売り切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

 

来週は 『山口真功油彩画展』 のご紹介です。お楽しみに!