こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『これからの日々のために』 の ご案内です。

 

■  これからの日々のために <遊びのギャラリー>

会期:2017年12月13日(水)-19日(火) 最終日17:00閉場

 

 

【展覧会 ギャラリー情報】  詳しくはこちら⇒

 

 

普段と少し趣を変え、提案型の催事タイトルのため、タイトルだけでは内容がわかりつらいと思いますが、陶(松野章弘)・木(鈴木 努)・硝子(鷲塚貴紀)・金属(森田節子)の4人の作家さんによる、日々の暮らしの中に アートと潤いを取り込もうという提案を具現化したコラボレーション展です。

 

異なる材質を用いながらも、各自の世界感をベースに 共通の思いで仕上げられた作品を、ぜひ ゆっくりとご覧ください。

 

 

2017.12.12hibi1.JPG

 

先ずは、木工の 鈴木 努さん。

長野県に在住し、サラリーマン生活を経た後 家具作りを学び独立、現在ではオーダー家具から小物作品まで幅広く制作しています。

素材である それぞれの木材の手触り・性質を活かし、温もりある作品に仕上げています。

その温かく滑らかな作品の木肌、思わず撫でてしまいたくなります。

 

2017.12.12hibi2.JPG

鈴木努 『ウッドボウル(リンゴ)』 25,920円

 

217.12.12hibi5.JPG

松野章弘『cup』4,320円 『plate』3,240円  鈴木努『朝プレート』16,200円

 

 

 

 

次にガラスですが、富山県在住の鷲塚貴紀さん。

シンプルなフォルムでありながら、デザイン性の良さと同時に 使い勝手の良さを追求したアイテムを揃えて、出品していただいています。

 

2017.12.12hibi8.JPG

鷲塚貴紀『ピッチャー』 各4,320円

 

 

一方、陶による作品は松野章弘さん。

磁土に陶土で化粧を施し、独創的で柔らかみのある器。こちらもやはり シンプルでデザイン性の高い作品にしあがっています。

カラフルな陶土を使用したカップや花器もご用意しております。

2017.12.12hibi4.JPG

松野章弘『demi』2,700円 『plate』1,620円

 

2017.12.12.hibi8.JPG

松野章弘『片口 大』12,960円 『片口 小』11,880円

 

 

 

最後は金属(ワイヤー)作品の森田節子さん。

どちらかというと、4人の中では一番 芸術性・独創性が高い作品かもしれません。

それでいて、女性ならではの感性で金属の硬さ・重さを感じさせません。

217.12.12hibi7.JPG

森田節子 『バスケット』9,720円 『リンゴ』8,640円

 

自由に形を付けられ、オリジナルのリースとして飾れます。後ろに映る影も、作品としての面白さのポイントのひとつです。

2017.12.12hibi3.JPG

森田節子 『ツル』34,560円

 

 

 

手仕事ならではの温もりある作品を、日々の暮らしの中に取り入れ空間や食卓に彩をプラスしてみては、いかがでしょうか?

ご来店を お待ちいたしております。

 

お隣り和の座ステージでは 『赤津純子作品展』 『京からかみ展』 を開催いたしております。併せてお楽しみください。

※ご紹介いたしました作品は、数に限りがございます売り切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

来週は『中村太樹男展』のご紹介です。お楽しみに!