こんにちは!

今週のギャラリー情報は  『 森 小夜子人形展 』 の ご紹介です。

 

 

■  森 小夜子人形展 
<遊びのギャラリー>

2017年4月12日(水)-4月18日(火)
 <最終日17:00閉場>

 

 

【展覧会 ギャラリー情報】  詳しくはこちら⇒

 

 

お人形ファンの皆様、お待たせいたしました!

2年ぶりの開催となります、森小夜子さんの人形展。

作品に込められた優しさ・慈しみのメッセージを、会場で感じていただこうと、新作40余点、一堂の展観です。

 

2017.4.12mori9.JPG

 

日本の古布や海外の古布を用いて衣装を制作するのがポリシーの森さん、そこには独自の世界感が感じられます。

小物の細部にまで拘り、決して妥協はしませんし、その“子”が一番輝くように丁寧に仕上げていきます。

瞳や手の仕草は、人形の表情を大きく左右しますが、その瞳は、アクリル絵の具を使い描いています。

粘土や布で小さな手を作るのは、長年の経験や技術・観察力が最も必要なところ! 腕の見せ所でもあります。

 

 

一人一人に付けられる名前にもこだわります。今回は銀河で瞬く希望の星 、星座の名前から多く命名しています。

2017.4.12mori3.JPG

 (左から)『スピカ』 345,600円 『バハム』 302,400円

 

 

 

 

2017.4.12mori2 (1).JPG

 (左から)
『ミズバショウ』 453,600円 
『ルリマツリ』 518,400円 
『アナベル』 518,400円

 

さて、今回初お目見えがこちら!

手作りの子供服ですが、人形とお揃いを お子様も着ていただけます。

お客様の声から思いつき、作ってみたところ思いのほか好評だったという事で、今回 会場の一角を飾っています。

2017.4.12mori2 (2).JPG

 (左から)
『ミアプラ』 216,000円 
『イザール』 216,000円 
『ワンピース(子供用)』 16,200円

 

2017.4.12mori8.JPG

 (左から)『帽子 ブルー』 19,440円 『帽子 ピンク』 27,000円

 

こちらも、その延長で、夏帯から つくられた帽子です。

 

 

 最新の作品集、『つながる想い』。実は 会期初日が発売日でした。

撮影に使われた場所は、主に森さんのご自宅で、京都 嵯峨野(工房アイトワの森)だそうです。

その序に、こんなメッセージを寄せています。

『雨の日は、針仕事をする母の側で、布遊びをするのが好きでした。もの創りにたずさわるのが、夢だったのかもしれません。

この夢をふくらませて、40数年もすごせたのは、いにしえ人の気配を感じることができた嵯峨野で、過ごせたおかげと思います。

いつまでもこうした気概や生きる知恵を授ける嵯峨野であってほしい。その引きつなぎ役にたずさわれる生涯にしたい』

 

会場にもお持ちいただいた、こちらがお母様をイメージした作品です。

2014.4.12MORI11.JPG

 『マタル』 486,000円

2017.4.12mori7.JPG

 

会期中は、森さんも 会場で、人形達と一緒に 皆さまをお待ちいたしております。ぜひお立ち寄りください。

 

お隣り和の座ステージでは『Bon BonSttore Spring has come!』 『創造の小径アバ・ラノニマ!レイチェル・オムレット』を開催いたしております。合わせてお楽しみください。

 

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます売切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

 

来週は『acrylic,masako Ban minimum+α/vol.10』のご案内です。お楽しみに!