こんにちは!

今週のギャラリー情報は、先週に引き続き 『収穫の秋・種々の色 2016 ganga makiの秋・冬の衣、布』 の ご案内です。

 

■ 収穫の秋・種々(くさぐさ)の色 2016 ganga makiの秋・冬の衣、布
<遊びのギャラリー>
会期:2016年9月28日(水)-10月11日(火)

最終日17:00閉場

 

 

先週はマキテキスタイル定番のストールをご紹介いたしましたが、そのほかにもこの秋ならでは・マキテキスタイルスタジオの新作がたくさん入荷しています!

今週は、その中から特にオススメのアイテムをピックアップしてご紹介いたします。

 

今回、注目していただきたいのは、自然のやさしさそのままの布の「色」。

マキテキスタイルスタジオの衣の根本である糸を染めるのは、茜、紅、ざくろ、夜香木、ログウッド、ヒルギ、ハーシンガーなどのさまざまな草木。  工房で自らが育てた天然の染料だからこそ出せる、健やかな色がその魅力です。

 

 

 

 20161005maki7.JPG

『ケープベストtieふくふく』 手紡ぎヒマラヤウール、メリノウール 30,240円

 

例えばこちらの、「ふくふくケープベスト」。

このきれいな青は、「藍」で染めたもの。ganga工房にある藍の畑から採れた葉を発酵させ、濃いめの藍色に仕上げました。 ジーンズのようになんにでも合わせやすい色で、中に着る服も選びません。 

お色はこの他に、藍の生葉で染めた空色に、白、ブラウンもございます。

 

ちなみにこちら、衣としてももちろん優秀。インド・ヒマラヤ山中で遊牧される羊たちの毛から紡がれ、すべて手作業でウールの素地は、まさに「ふくふく」の手触り。軽くて暖かく、とっても軽やかです。

手織物だから、上に羽織っても服のずれやもたつきが少ないのが嬉しいポイントです。

 

 

 

20161005maki6.JPG

『台形腰巻き』 手紡ぎヒマラヤウール、麻 34,560円

 

そしてこれまたきれいなのがイエロー。こちらの腰巻きは、咲き競うマリーゴールドから染められました。

その花を思わせるあたたかな黄色は、厚く織ったヒマラヤウールのやわらかな質感を一層引き立ててくれます。 

こちらもブラウンやベージュなど、お色は数種類ございます。形も、この他にポケット付きのものが新登場。

腰に巻くだけでもアクセントになりますし、肩からかければケープとしてもお使いいただけます。 丁寧に丁寧につくったからこそ、さまざまな着方、見せ方で、長く着てほしい。 マキテキスタイルスタジオならではの、「布を楽しむ」心意気満載です。

 

 

 

 

 

20161005maki5.JPG

『GUDRI』 37,800円

 

そしてそんな「色」を目いっぱい楽しんでいただけるのが、今回初登場の「グドリ」!インドに昔から伝わる刺し子です。

表面の布の間に5枚ほどの布を入れ、パッチワークのようにインドの職人が刺しており、一点一点色の組み合わせも違います。

インドらしいカラフルな色合いは、現地に工房を持つマキテキスタイルスタジオならでは!マットにしたり、壁に掛けたり、使い方は色々。お部屋をぱっと明るくしてくれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

20161005maki2.JPG

『Lバッグ 山ぐるみとうすびき皮籐のバッグ』 84,240円

『うすびき皮籐の財布』 41,040円

『ブレスレット 生成と茶』 21,600円

『ブレスレット 生成』 18,360円

 

そして、やさしい色の衣には、自然素材の小物がとってもよく似合います。

このかご編みの作品、実は 真木千秋さんの母、かご編み作家の真木雅子さんの作ったもの。樹皮の、美しい編み目に惚れ惚れしてしまいます。 

こうしたかご編みのバッグやお財布は、何十年も使い続けて出てくる、深い艶が魅力。お洋服に合わせてもきらりと光ること間違いなしです。ぜひ、自分だけの味わいを育ててみてはいかがでしょうか? 

 

他にも、たくさんの布・衣がございます。ぜひ、詳しいスタッフのお話を聞きながら、じっくりと選んでみてください。お待ちいたしております。

 

 

お隣の和の座ステージでも、引き続き『T・E・I・B・A・N Japan classico 奈良の動詞のデザイン展』を開催いたしております。

合わせてお楽しみください。

  

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます。売切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

 

来週は『小畑裕司 作陶展』のご案内です。 お楽しみに!