こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『 石川珂旦 美の世界展 』 の ご紹介です。

 

 

■ 石川珂旦 美の世界展  <遊びのギャラリー>

会期:2016年9月21日(水)-27日(火) 最終日17:00閉場

 

 

お待たせいたしました! 恒例の、 造形作家  石川珂旦さんの作品展が始まりました。

ジュエリー・陶器・絵画と 幅広いジャンルで その才能を発揮し、全国各地で勢力的に個展を開催している珂旦さん、その造形美を存分にお楽しみください。


石川珂旦さん、そうは言っても  その独創的なデザインの創作ジュエリーが 一番の人気です。

例えば そのリング。洗練されたデザインと曲線の柔らかなフォルム、しっとりと手に馴染む装着感の良さで、リピターの方が多いのも納得できます。

プラチナや K18 の台座に、様々な石を組み合わせることで、見る角度によって違う表情を見せてくれます。

 

20160921katan4.JPG

 『サクラ』 536,760円 (プラチナ900・ブラックオパール・ダイヤモンド) 

タイトルは スペイン語で『聖(セイント)神聖な』。

 

 

 

20160921katan5.JPG

『マッシマ』 280,800円 (K18/オレンジサファイア・ダイヤモンド)

こちらは イタリア語で 『偉大な』。

大切な方へのプレゼントには勿論、日頃から 頑張っているご自身へのご褒美として、世界に一つのジュエリーはいかがでしょう?

 

 

ところで、作品一つ一つに付けられたタイトル、完成した作品のイメージにより作家が命名します。( まず、作品ありき、なんですね)

不思議と、タイトルが付けられることで、作品に命が吹き込まれます。その“ひとテマ”が 珂旦ワールドの魅力の一つでもあります。

今回の作品の中には 皆さまから今まで 多くのリクエストをいただいておりました、『ピアス』もございます。
 

20160921katan6.JPG

『エラト』(ピアス) 64,800円 (K18・ベビーパール)

こちらは、ギリシャ語で『恋愛詩をつかさどる女神』

 

こんな感じで、すべてに命名される、優雅で高貴な名前と作品とを見比べて、お楽しみください。

 

 

少しづつ、バリエーションを増やしてきた陶器は、ご覧の通り 光沢のある黒丸みを帯びたフォルムが特徴。

思わず撫でてしまいたくなる肌合いですね。

一輪花を入れるだけで、素敵に演出できます。

20160921katann1.JPG

 『水魚』 47,520円

20160921katan3.JPG

 『Florence』  129,600円

 

 

ところで、2016年9月21日(水)-10月4日(火)まで 、銀座店各階で 『MATSUYA GINZA DESIGN WEEK』を開催しております。

“ココロ動かすひとテマ”“がテーマ。 ココロ踊るデザイン” コンセプトを どうぞ会場で、ゆっくりとお楽しみください。

因みに、珂旦さんは勿論、スタッフもの方たち、毎年恒例の1ヶ月の夏休みを取ってきたばかりです。 なので、皆さん エネルギーの充電はバッチリで、皆さまをお待ちいたしております。

【展覧会 ギャラリー情報】 詳しくはこちら⇒

 

お隣の和の座ステージでは『真砂三千代 秋の衣展』を開催いたしております。合わせてお楽しみください。

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます売切れの際はご容赦くださいませ

※表示価格は税込です

 

来週は『収穫の秋・種々の色2016 ganga makiの秋・冬の衣、布』のご案内です。お楽しみに!