こんにちは!

今週のギャラリー情報は『水野幸一陶展』のご紹介です。

■  水野幸一陶展
<遊びのギャラリー>
会期:2016年7月13日(水)-19日(火)
最終日17:00閉場

【展覧会 ギャラリー情報】  詳しくはこちら⇒

 

毎日 暑いですね~

暑いといえば、国内でも有数の酷暑の地、多治見!!  そこからいらした・・・

岐阜県土岐市にて陶房 『一窯(はじめかま)』を開窯し、作陶活動を行う若手陶芸家 水野幸一さんをご紹介いたします。

 

 

20160713mizuno3.JPG

『植木鉢』 21,600円 『古白磁花器』37,800円  

『鉄飾り棚』 108,000円

 20160713mizuno6.JPG

『古白磁大鉢』108,000円   『真鍮膳』 58,320円

 

最初にご紹介するのは、ちょっと涼しげな雰囲気を漂わす 『古白磁』 シリーズ。

一時 目でお涼みください (笑)。

 

 

さて、下の写真、定番で人気の銅彩シリーズです。金属的な見た目とは異なり  とても軽く、シンプルなフォルムなので様々なシーンで万能にお使いいただけます。

ここまで、薄く仕上げるのは、高い技術が必要とされますが、ここは 自らを 『 ROKUROMAM 』と称する 轆轤の達人、水野さんの技の見せどころです!!

リピターの方が多いのが、納得できます。(今回は、銅彩の発色が良くでていると とても評判です。

 

器としての使い勝手にも配慮して、重なりが良いようにも計算されています。収納のことまで考えてくれるとは、感激ですよね!

小さな剣山を入れて、花器として使っても良いかもしれませんね。

 

 

20160713mizuno1.JPG

 『銅彩釉ひずみ鉢(大)』各9,180円

20160713mizuno2.JPG

 『空色釉角皿』(大)4,320円(小)2,160円

『銅彩釉角皿』(大)4,320円(小)2,160円 

 

こちらは 基本 角皿なんですが、中央に円く窪みを設けています。

なので その縁の部分を どう上手く使うかが、使う側のテクニックの見せ所です。

水野さんの器を使って、食卓を素敵に演出してみてください!

 

 

今展で 初お目見えの 新色 『 空色釉 』シリーズも いろいろのパターンでご紹介しています。 色味がとても微妙なので 敢えてここではご紹介しません。すでに大評判となっています ) 

ぜひ、楽しみにお越しいただき、会場で 作品にお手を触れ、“達人”水野さんの技術を お楽しみください。お待ちいたしております。

 来週は 『 大場 匠ガラス作品展 』 の ご案内です。お楽しみに!

 


※和の座ステージは2016年7月19日(火)まで『松屋のゆかた2016』開催のためお休みさせていただきます。

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます売切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。