こんにちは!
今週のギャラリー情報は『~京都・二ノ瀬/陶都窯~ 吉田一也・京の福猫展』 と 『第31回 銀座の骨董大市』 のご紹介です。

 

■吉田一也・京の福猫展 <遊びのギャラリー>

会期:2015年7月8日(水)-14日(火)最終日17:00閉場

 

 

【展覧会 ギャラリー情報】詳しくはこちら⇒

 


猫マニアの みにゃさま、にゃんとも お待たせいたしました!! 
この時期恒例の、猫作家、吉田一也さんの“福猫展”が始まりました!

猫の愛らしさや ふてぶてしさに惹かれ 制作をはじめ、今では京都は鞍馬に工房と窯を持ち、制作をされている吉田さん。ご本人は実は犬好きだとおっしゃっていましたが、どことなく そのたたずまいが、ここ数年、とみに猫に似てきているように感じるのは、私だけ?! 

 

20150710_gallery_1.JPG

 『猫獅子』 97,200円

 

黒猫三兄弟!

20150710_gallery_2.JPG

『黒子猫』 14,040円

 

瞳を釉薬で表現し、猫の躍動感溢れる筋肉の動きや、耳・シッポなどの細部に至るまでこだわり、丁寧に仕上げられています。もちろん「肉球」だって付いています。

 

 

下のタペストリーは、麻の布に描かれてます。もともと学生時代は本格的な日本画を勉強していた吉田さん、筆使い はお手の物かと思いきや、意外や猫の美しさを 描線で表現するのは難しいのだそうです。

 

 20150710_gallery_3.JPG

 『タペストリー』 25,920円

 

 

手捻りの焼き締めで制作される猫たち…、会場には、 そんな愛くるしい猫たちがいっぱい登場しています。
通りがかりのお客様たちも 足を止め、思わず撫でてしまうくらい愛くるしい、その猫たちの表情をお楽しみください。

 

 20150710_gallery_4.JPG

『窯変猫』 各5,400円

 

よろしければ、ぜひ お気に入りの一匹を見つけ、名前を付けて可愛がってください。(なにしろ、餌は不要ですから、楽ですよ!! )

それと、皆さまの “我が家の猫自慢” を、吉田さんにお話ししてみてください!  彼の今後の制作のヒントになって、新たなキャラクターが生まれるかもしれません!

猫たちも首を長くして、皆さまのお越しをお待ちいたしておりまーす。

 

 

 

■第31回 銀座の骨董大市<8階 イベントスクエア>

会期:2015年7月10日(金)-14日(火)最終日17:30閉場

 

 

【展覧会 ギャラリー情報】詳しくはこちら⇒ 

 

今回で31回目の開催となる、松屋銀座 恒例の骨董大市。全国の有力骨董店舗(和骨董15・洋骨董7)22店舗が選りすぐりのお宝を一堂に集め、展観いたします。

長い時間、様々な国の生活の中で大切に受け継がれた骨董の数々…  今、実は、静かな骨董ブーム なんですよ!!

一部の愛好家やコアなファンに支えられたブームではなくて、骨董市を利用して、暮らしに古物をおしゃれに取り入れて気軽に楽しもうという若者が増えているんです!!

 

 20150709koxtutou1

 

 

20150709koxtutou2

『純銀輪澄(一対) 島津熊次郎』 3,024,000円(花からくさ)

 

会場をゆっくりと、じっくりと ご覧いただき、ご自身の目に適う、一品(掘り出し物)を探してみてはいかがでしょうか?

今では考えられないような手間暇のかかる手仕事で作られた昔の道具、や工芸品。量産品にはない魅力を感じていただけるはずです。

火鉢にメダカを入れたり、着物を洋服にリメイクしたりと、使い方は自由自在!気軽に生活に取り入れてお楽しみください。

 

20150709koxtutou3

 『帯 鮎すくい』 194,400円 (きもの さらさ)

 

各店の店主から、骨董の豆知識や耳より情報が聞けるかもしれませんよ。♪

 

 

20150709koxtutou4

 

ここで、耳よりお得情報!!  開催記念として、30,000円以上お買い上げのお客様には、会場内で使えるクーポン券の当たるチャンスが!!サイコロを振って、ぜひ、チャレンジしてみてください!!

皆さまの、ご来場をお待ちいたしております。

 

※和の座ステージは7月21日(火)まで『松屋のゆかた2015』開催のためお休みさせていただきます。
※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます。売切れの場合はご容赦くださいませ。
※表示価格はすべて税込です。 

  

来週は『水野幸一陶展』のご案内です。お楽しみに!