こんにちは!
今週のギャラリー情報は『鵜沢ガラス工房作品展』 『本物を創る職人展』のご案内です。
 

■鵜沢ガラス工房作品展<遊びのギャラリー>
会期:2014年8月13日(水)-19日(火)
最終日17時閉場

【展覧会 ギャラリー情報】詳しくはこちら⇒

この夏、続いてまいりました ギャラリーでのガラス作品展、その最後を飾るのは、茨城県常陸太田市にガラス工房を構える、鵜沢文明さんと、塩谷直美さん(旧姓で作家活動されています)ご夫妻です。

ご主人は 吹きガラス作品をメインに制作、奥様はコールドキャスト技法(耐火石膏などで作った型にガラス片を入れ、型ごと焼き上げる技法)で制作と、同じガラスでも、趣きの異なる作品です。

ご夫婦でも、作品制作に関しては良きライバルでもあり、お互いの制作のスタンスは崩さない!が鉄則なんだとか!!

先ずはご主人の作品から…

2014.08.13鵜沢7
(鵜沢文明)   『花留め』 各4,320円

食器や花器をメインに、暮らしに彩りをプラスする作品作りをしています。
その中でも この花留めは、アイディアと見た目に拘ったアイテム!
見た目以上に応用が効いて、使い方も自由自在です。

 

2014.08.13鵜沢3
(鵜沢文明) 『豆小鉢』 各3,240円

 

これに水羊羹なんかのせたら、涼やかでとてもおいしいでしょうね!!
この豆小鉢は、お花のように見えるように 外側をケンマ(削り)してあって、透明と白のコントラストがとても素敵です。


日々の生活に、色取りを与えてくれるガラスの器たち。

シンプルに料理を盛るだけで、お料理の盛り付けのセンスが、断然アップします。
鵜沢さんのガラス工房のHPを見ると、自然に囲まれた環境の中で シンプルに暮らすお二人の豊かな生活ぶりが伝わってきて、憧れてしまいます。そんな環境の中からこそ、素晴らしい作品が生まれるんでしょうね。

食いしん坊の自分としては、飾られたお料理が とにかく美味しそうで、気になります!!

詳しくはこちら⇒

 

一方、奥様は、コールドキャストで、オブジェをメインに制作。
半透明で優しい仕上がりが特徴です!女性ならではのセンスが光ます。
まるで砂糖菓子のようですね!!

 2014.08.13鵜沢8
(塩谷直美) 『椅子』 5,400円

 

2014.08.13鵜沢5
(塩谷直美) 『長皿』 5,400円  『キューブはしおき』 各1,080円

 

塩谷さんのオブジェ制作への思いは、心の整理をする日記。
誰かに想いを伝えたり、心のままを綴る手紙であり、日常の中で感じた事柄や気持ちを、熟思し凝縮する行為と同じなんだって、話してくれました…

2014.08.13鵜沢6
(塩谷直美)『風化オブジェ(7ピース組)』 378,000円

作品を通じて、そんな塩谷さんの、心のメッセージを感じていただけたら幸いです。

どうぞ、会場で『鵜沢ガラス工房の世界』をたっぷりとご覧下さい。
お待ちしております。

 

■本物を創る職人展 <和の座ステージ>
会期:2014年8月13日(水)-19日(火) 最終日17時30分閉場

【展覧会 ギャラリー情報】詳しくはこちら⇒

夏本番!和の座ステージでは「本物を創る職人」展が始まりました。
毎年1階のスペース・オブ・ギンザで開催しておりますが、今年は7階和の座ステージでの開催となります。

職人の伝統技から生まれる「ホンモノ」をフォーカスする職人展。
今回は4人の職人さんが出展しています。
会場には実演の音も響き、賑やかしい雰囲気です。

ここで、それぞれの作品をご紹介いたします!


<広井政昭>
20140814hiroi.JPG
ピエロ輪廻し 24,840円

江戸独楽職人の四代目、広井政昭さん。
アイディアを考え、木を削るところから、色付けまで全て一人でこなしています。
ユニークなからくり独楽は、いつも見る人を楽しませていますよ!
こちらの写真は、ピエロが輪廻しをしているからくり独楽。
回したときの魅力がお伝えできないのが残念ですが・・・
それは是非会場で!


<伊藤玲>
20140814itou.JPG
器 13,824円
おたま 10,800円
さじ 1,620円

手ぐり匙を作る伊藤玲さん。
匙だけでなく、木の温もりを生かした器やアクセサリーも人気です!
お手にとって自然木の持つ独特の温もりを感じて下さい。


<"錫光" 中村圭一>
20140814suzukou.JPG

ビアマグ 各19,440円 
(左)HAYASE (右)ツチメ


昔ながらの手挽きロクロを使い、刃物で削ってツヤ出し仕上げをする伝統技法を守る"錫光"。
こちらは夏のビールが一層美味しくなりそうなビアマグです。
小さな流れが集まって、やがて大きな流れとなる様子を表現した"HAYASE"、手打ちの模様が反射して輝きが美しい"ツチメ"、皆さんはどちらがお好きですか?


<"濱甼高虎" 高林晋>

20140814takatora.JPG
手ぬぐい 線香花火 2,484円

日本橋・浜町に店を構える"濱甼高虎"。
伝統の染工法を守り、また下町の粋を大切にしています。
手染めの風合いが美しいこの手ぬぐいは、夏の終わりに相応しい線香花火がモチーフです。
この他にも様々な柄の手ぬぐいが揃っています。
銀座みやげとしてもおすすめです!


なお、今週は例年職人展に出展しております職人さんが、和の座ステージ以外にも登場しております!
テーブルジョイでは手植えブラシ「青山工房」青山さんが、デザインコレクションでは結桶「桶栄」の川又さんが出展しておりますので、こちらもあわせて是非ご覧下さい!

 

※ご紹介いたしました作品には、数に限りがございます売り切れの際は、ご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

来週は、『coppers planet 2014』 『URBAN NOMAD展』 のご案内です。
お楽しみに!