こんにちは!

今週の7階ギャラリー情報は 『小畑裕司作陶展』 『アルテマイスター「祈りのかたち」と「人と木」展』のご案内です。

 

【遊びのギャラリー】
佐賀県有田の地に、『仁窯』(じんがま)を構える小畑裕司さんの作陶展が始まりました!

有田焼きの特徴は、何と言っても透き通るような白い磁肌の美しさと、色鮮やかで繊細な絵付です。
特に焼肌は、 薄くて軽い硬質さが特徴で、耐久性にも優れ、吸水性がないので食器としての使用には最適!

轆轤から絵付までを一人で行う、小畑さんの見事な技に魅了されたファンが 今回も新作を楽しみに たくさんお見えになることでしょう。

写真の香炉は 何と“総柄”ですから、気の遠くなる手間と根気のいる作業とが窺われます。

2013.09.04小畑4
 『七宝桜秋草窓絵文筒香炉』 367,500円

 

今展でも、「有田焼」としての長い歴史の中で継承された伝統技術をベースに、現代的でモダンな絵付けとフォルムの作風を加え、和・洋 どちらのスタイルでも お使いいただけるアイテムを数多く取り揃えています。

2013.09.04.小畑2
『亀甲蛇宝船文飾皿』 231,000円


ご覧ください、ユーモラスな図柄ですが、実に丁寧に、緻密に描かれています。

2013.09.04小畑3
(左)『いしがきだいぐい呑』 42,000円 (中)『かさご文筒湯呑』 31,500円 (右)『イカぐい呑』 36,750円

 

今回の一押し!!
こちらのぐい呑、中側だけでなくて外側にも、お魚が描かれているんですよ! とっても お得感があります♪
どうぞ 皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

■小畑裕司作陶展 
会期:2013年9月4日(水)-10日(火)
最終日17時閉場
詳しくはこちら⇒

 

【和の座ステージ】

福島県会津若松に、仏壇・仏具の工房を構える アルテマイスター の『祈りのかたち』『人と木』のご紹介です。

会津の木材を使い、現代の生活に合う“祈りのかたち”を提案し続けている会社 アルテマイスター。 厨子や仏壇を中心に製作しているのはもちろんなのですが、製作時に生れ落ちる、木屑や木っ端を無駄にせず、更に活かすため、さまざまなアイテムも同時に生み出しています。
「死」と「再生」、そして「祈り」と「伝承」というキーワードの中に、この会社の企業哲学というか理念が 感じられます。
今回も新しいアイテムを加えての展観です。

シンプルでモダンなフォルムのお厨子、中の穏やかな仏様の表情…
人が“祈る”という行為に向かうための、心落ち着く、温かい気持ちを思い起こさせてくれます。

2013.09.04アルテ1
『厨子豊壽』315,000円 『阿弥陀如来立像』262,500円 『砂張りんセット』29,400円

 

今回の新作は、「もったいない!」 から生まれたものづくり。
厨子や仏壇製作から出る端材、使わずにいた木という命を活かすための、新たなものづくりの創出ですね。

虫食いの痕が残る 木の持つ表情を、自然の景色に見立て、新たな命を吹き込み 動物達を生き生きと表現しました。
端材なんて思えません!朽ちかけた感じが、またいい雰囲気なんです。

2013.09.04アルテ2
『動物ものがたり 小』 3,150円

 

こちらは、自分だけの宝物箱に いかがでしょうか?

2013.09.04アルテ3
『蒔絵小箱』(上)黒檀 各5,880円  (下左)欅5,565円 (下右)楓5,040円

 

他にも様々なアイテムを揃えています。
会場でぜひ、木の温もり、香りもお楽しみ下さい。

 

『アルテマイスター 祈りのかたちと人と木展』
会期:2013年9月4日(水)-10日(火)
最終日17時30分閉場
詳しくはこちら⇒

 

※ご紹介いたしました作品には数に限りがございます。売り切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。


来週は『2013 林久美子ガラス展』 『京友禅の老舗・千總 ストールコレクション』 のご案内です。お楽しみに♪