こんにちは!

今週のギャラリー情報は 『その蝶番(ちょうつがい)の弱き軋み声より m.yam clayworks exhibition』 のご紹介です。

 

 

◆ その蝶番の弱き軋み声より m.yam clayworks exhibition <遊びのギャラリー>

期間:2019年2月13日(水)-18日(月) 最終日17:00閉場

 

 

みなさまお待たせいたしました!

2年ぶり、11 回目となりますm.yamさんの個展が開催中です。

映像やデザインを学ばれたのち、イラストレーターもされていた経験もあるというm.yamさん。

その独自の感性と色調をもって今回はオブジェをメインに制作に励まれたそうです。

一体どのような作品を仕上げてこられたのでしょうか。さっそくご紹介いたしましょう!

 

DSCF9110.JPG

 

DSCF9113.JPG

「ふたり」 64,800円

 

m.yamさんの作品というと、カラフルで可愛らしくて、でもその一方でちょっと毒を持ったユニークで不思議なイメージも・・・。

そんな、ちょっと相反する印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

今回はそのイメージが更に増幅された、すこし不気味な?作品もございます。

ぜひ会場の中にそんな作品を探してみてください。(笑)

 

 

hear my song」と名付けられた首を傾げる女性の作品。

いったいどんな歌を聴いているのでしょう・・・。

 

DSCF9158.JPG

「hear my song」 35,640円

 

会場の入り口には大きな力作がずらりと立ち並んでいます。

モコモコと盛り上がる形はまるで蟻塚みたいです。

猫や鳥たちがらせん状になっている様子が面白い作品です。

 

DSCF9141.JPG

「drifting hill」 108,000円

 

今回はこれまでの個展とは違い、あえてテーマを絞り込まず、自分の中に自然に湧き出てきたイメージを形にしたというm.yamさん。

だからこそ、可愛らしい作品が生まれるそばで、ちょっと怖くて不気味な作品もできあがったのだとか。

そんなm.yamさんの作品は、観る側で様々に解釈できるのも魅力です。

 

DSCF9148.JPG

「液体とケムリ」 25,920円

 個人的には m.yam さんが紡ぐ言葉の世界が本当に大好きです。

会場には、言葉を刻んだプレートも沢山飾られていますので、言葉の海から m.yam さんの世界に漕ぎ出してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

DSCF9142.JPG

「うさぎ」 6,480円

 しかし、やっぱり楽しさいっぱいの作品を見たいという方、ご安心を。

人気のお皿や時計も多く取り揃えています。

 

DSCF9153.JPG

「小鳥皿」 2,160円

 

DSCF9155.JPG

 

m.yamさんは毎日在廊しております。

ぜひ作品を前に作家ご本人といろいろと語り合ってみてはいかがでしょうか。

皆さまのご来場をお待ちしております。

 

お隣の和の座ステージでは先週に引き続き 『URBAN NOMAD展』 を開催しております。併せてお楽しみください。

※ご紹介いたしました作品には数に限りがございます。売り切れの際はご容赦くださいませ。

※表示価格は税込です。

 

来週は 『前田朝黄 アートジュエリー展』 のご案内です。お楽しみに!