こんにちは。
今回のクリスマスケーキブログは、3月から新たに菓子売場に配属されました、マキノがお送りいたします。
浅草店の菓子売場から異動してきまして、不慣れな銀座の街に戸惑いながらも奮闘の日々を送っています。

クリスマスケーキとは少し話がそれますが・・・
僕がいた浅草店が「EKIMISE」として生まれ変わり、11月21日(水)にグランドオープンしました!
4階以上に新規ショップが入り、今まで以上に魅力あるお店となっております。浅草にお越しの際はぜひお立ち寄りください!

241125hachi_0102.JPG

もちろん浅草店でもクリスマスケーキのご予約を承っております!


前回のブログでは、デリバリーケーキをご紹介させていただきました。
贈り物にもオススメのホームデリバリーケーキはいかがですか?
⇒ 2012年11月21日 クリスマスケーキ2012 vol.3~ホームデリバリーケーキ~



4回目の今回は、クリスマスケーキ・・・
ではなくてクリスマスケーキやオードブルと共にクリスマスの夜を演出してくれる「ろうそく」のお話をさせていただきます。

「ろうそく」と言っても、ただのろうそくではありません。
松屋銀座ではお馴染みの「銀座ミツバチプロジェクト※1」のみつばちの巣を使って作った「蜜蝋(みつろう)」です。

「みつばちの巣を使ってろうそくを作る?」と疑問に思った方もいらっしゃると思います。
ボクも当初は同じ疑問を抱いていました。

「蜜蝋(みつろう)」とは、一般的にみつばちの巣で作るろうそくのこと。それでもなかなかイメージが湧かない方も多いと思います。先月、私が蜜蝋作りを実際に体験してきましたので、ここでちょっとご紹介させていただきます。

2年前から実施している「蜜蝋作り」を、まだまだ暑い10月半ばのビルの屋上(ミツバチを飼育しているビル)で体験してきました。


蜜蝋作り 体験レポート
撮った画像と一緒に過程を説明していきます。

【Step 1】
まずハチミツの付いた巣をぬるま湯で洗い落とします。

ハチミツが巣に付いたままだと煮立った時にハチミツの香りが強く出てしまい、ミツバチ達が集まってきてしまうためです。

【Step 2】
ぬるま湯で洗って搾った巣をお湯の入った一斗缶に移し変え、沸騰させます。

241125hachi_02.JPG


【Step 3】
沸騰させながら、とにかく一生懸命かき混ぜます。
241125hachi_03.JPG


【Step 4】

すると、どうでしょう!鶏そぼろ?

241125hachi_04.JPG


【Step 5】

そうこうしている内にカレーに!?

241125hachi_05.JPG


【Step 6】

みるみるうちに変化していきます
ひと煮立ちして落ち着いたら別の空いた一斗缶にろ過をして移し変えます。
これは浮き出た不純物を取り除くためです。

241125hachi_06.JPG


【Step 7】

そして出来上がったのがこちら。
きれいな黄金色ですよね。ほんのりハチミツの香りもして、思わず味見をしたくなる(?)蜜蝋のできあがりです。

241125hachi_07.JPG

実はこちらで完成ではなく、これを1~2日そのまま保管します。

【Step 8】
そうしてできた蜜蝋がこちら!

241125hachi_08.JPG

「え?一斗缶にあんなに一杯入れたのにこれしか出来ないの?」と思ってしまいましたが、冷え固まり凝縮するとこれだけ薄くなってしまうんです。それだけ希少な物なのだなと改めて実感しました。

最後の仕上げとして、
こちらの蜜蝋の原型を山形県で「ハチミツの森キャンドル」というプロジェクトを進めている蜜蝋作りのスペシャリスト安藤竜二さん(※2)にご協力いただき成型してもらいます。

ミツバチの巣から採った蜜蝋が、いろいろな方のご協力を経て、こんなにも素晴らしいろうそくへと変わりました。


1130xmas06.jpg

銀座ミツバチのチャリティー蜜蝋キャンドル(1本/限定100本)1,000円
地下1階銘家逸品


松屋銀座ではこの蜜蝋ろうそくを、12月1日(土)から限定で販売いたします。
このスペシャリティなキャンドルをご家庭の食卓に、そしてプレゼントにもぜひご利用ください!

蜜蝋の自然なハチミツ色も美しく魅力的なキャンドル。
灯すとほのかにハチミツの香りがします。

記載の通り、このキャンドルはチャリティー販売です。
※<銀座ミツバチのチャリティー蜜蝋キャンドル>の売上の収益は全額「ルーム・トゥ・リード」を通して途上国の子供たちの教育支援に充てられます。

日本の未来が明るくなりますように。携わってくださった皆様の想いを伝えられるよう、私も店頭でしっかり販売いたします!

今回はクリスマスのテーブルを灯す蜜蝋キャンドルのご紹介させていただきました!

次回のクリスマスケーキブログをお楽しみに!



※1 「銀座ミツバチプロジェクト」
松屋銀座も参加するこのプロジェクトは、都市と自然環境の共生を目指し、2006年にスタート。銀座界隈に飛び交うミツバチを飼育してハチミツを収穫しようと始めて7年目。松屋銀座もこのプロジェクトに積極的に参加し、獲れたハチミツを使用した限定のスイーツもご紹介しております。

※2 「安藤竜二さん」

「ハチミツの森キャンドル」代表。森と人との距離を近づけたい、その想いを胸に日本初の蜜ろうそく製造に着手し、養蜂や蜜ろうそくを通して豊かな自然との共生をすすめている。


★☆★クリスマスケーキ&ディナー予約承り方法★☆★

■インターネット
期間:2012年12月16日(日)まで
⇒ご注文はこちらから

■店頭受付
期間:11月8日(木)~12月16日(日)
<銀座店>承り場所 地下1階各ショップもしくは地下1階クリスマスケーキご予約カウンター(食品催事)
<浅草店>承り場所 掲載商品すべて、1階クリスマスケーキご予約カウンター(ヨックモック横)

■フリーコール
11月8日(木)~12月16日(日)11:00~17:00
<銀座店>0120-974-794
<浅草店>0120-131-247


 


※表示価格はすべて税込です。
※お品物は数に限りがございます。なくなり次第終了となりますので予めご了承願います。


Facebookでグルメ情報配信中!⇒