「銀座くのや」創業170年の記念に考えた企画です。国際化が進む社会の中で、日本人としてのアイデンティティーを再認識することが狙いでした。銀座には仕入れた商品を売る店ばかりではなく、一から商品を開発している店も数多くあります。そんな“モノづくりの場”としての銀座を、今一度世間にアピールしたかった。そこで、銀座の老舗の若旦那衆(6社)に呼びかけて、「銀座くのや」とのコラボレーション商品を開発・販売したのです。例えば「ギンザのサヱグサ」さんには、七本原を基本色にした子供用Tシャツを、「銀座ボーグ」さんにはトリミングに七本原をあしらった中折れ帽を、「ぜん屋」さんには七本原を配色した草履を作っていただきました。一部の商品は今も販売しています。